--

January February March April May June July August September October November December
--(--) --:--

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Edit

15

January February March April May June July August September October November December
2009(Tue) 21:02

天地明察

漫画・本

『士気凛然、勇気百倍』

江戸時代に某子供向けアニメのOPに出てきそうな「勇気百倍」という言葉を最初に言った人がいるって事でしょうか?(笑)
時代小説なんて一度も読んだ事のない私ですが、作家買いで、冲方丁の初時代小説ということで、挑戦してみました。
(実に久しぶりに読みやすい冲方本でもあるwww)
小説のラストの感想を書きますので、ネタバレ必至!ご注意を!
(「必至」って囲碁語なんですねえ。初めて知りましたwww)

いやぁ、萌え燃えがあるね。
最初と最後に持ってきた計算による「北極出地」の合致が、一人の人間の成長と年月を感じさせました。

のほほんとした天然気質、純粋な青年・渋川春海が挫折、喪失を経て、老獪な手回し、殆どあくどいと言っても過言でないギリギリの手をうって最後の「上奏」に至る件は、人間はここまで成長するんだなぁ、と思いました。
と同時に、春海を純粋に信奉する土御門の若様の登場が、嘗て、春海が建部と伊藤に向けていた視線、感情がそのままなのだなぁと思うと、良い世代交代ってこういうのを言うのだと思いました。
春海は、いろんな人の思いと罵声を抱えて、三度目の「上奏」にいて、自分がこれまで打てた全ての手を使うのですが、純粋に春海に信奉する土御門の若様は初めて挫折を味わう。
そこで、春海がとった行動が――。

春海も名門ですし、土御門の若様も名門の出。
最後に自分と重ね合わせる事の出来る青年が登場し、そして自分と同じように「純粋」な為に、初めて挫折してしまうだろう彼に、全部一人で背負わなかった春海は、今度こそ『自分』を助けてやる事が出来たのではないでしょうかね。
いろんな人に思いを託されてはみましたが、最後に春海を手助けしてくれる人は、春海には結局自分しかいなかった。
苦境の立場になった時、その時々で自分で立ち上がらねばならなかった彼ですが、最後の最後に、最初の自分と同じような若者が現れた時に、手助けできる人間になれている。
あの最後の上奏は、当に『渋川春海』を救いきり、次代の若者に光明を示せたんだなぁと、妙にすっきりした頭で、ちょうど夕方の空を見上げました。

うーん…それにしても、挫折が多いよwwwこの人の人生www

日本史に疎い私でも分かる和算の偉人たる「関孝和」の名前が出てきたり、大変楽しく、面白い小説です。
あの爺's(ジジーズ)が好きで楽しくてたまらない!
建部さんと伊藤さんが、本当に「顔だけ皺くちゃの、中身は少年」っていう言葉は彼らの為にあるんだとばかり。
関孝和さんの叱責は、「なるほど」と。
奪うなら、見事掻っ攫っていけよっ!とは思うよね。どうせなら完璧なもん作れって思うよね。
利用された側には、言う権利があるわな。うーん、深い!

天地明察
天地明察
角川書店(角川グループパブリッシング) 2009-12-01
売り上げランキング : 1506

おすすめ平均 star
star開いて数十頁で実感できるおもしろさ
star解く段取りがむしろ冥利

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



テーマ: 歴史・時代小説
ジャンル: 本・雑誌

Edit Comments(2) trackBack(1) |

Post a Comment

comments

2010/03/04 23:35 [ 編集]
こばやし MAILURL

心地よい感動が・・・。
おすすめのとおり、読んで良かったです。つぎは従兄弟に貸す予定です。

周りの生徒や先生に紹介しているけれど、なかなかおもしろさを伝えきれず、読んでもらえず、もどかしいです。りょくさんのレビュー、いいですね。ジジーズ、私も大好きです。じつは、私の大学の恩師たちはこんな人たちです。あこがれます。

「良い世代交代」、受け継ぎ、伝えていくこと、それが喜びだから、私の仕事は楽しいですね。そのためには、この感動を伝えるスキルも磨かなければ。

詳しくは燕。さんのブログにコメントしてきました。りょくさん、ありがとうございました。

2010/03/06 21:55 [ 編集]
りょく@管理人 MAILURL

>こばやしサン
方々で進めていますw
両親に勧めていますが、読み終わらないらしい。積読多いからなぁ…w
吉川英治新人文学賞も受賞しましたし、弾みがつくといいですね。

冲方さんの作品は、今まで「no where」⇒「now here」の作品だったわけで、この作品で初めて『今、ここにいる』⇒『明日への一歩』を踏み出したような気がします。
今までの作品と何かが違うような気がするんですよね。

この作品がきっかけでファンが増えるといいなぁ。

Page up▲

Post a Comment

Private message

Trackback

trackback URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(書評)天地明察
著者:冲方丁 天地明察(2009/12/01)冲方 丁商品詳細を見る 四代将軍・家綱時代。碁打ち衆・安井家に生まれた春海は、その碁よりも夢中になっていることがあった。それは、算術。そして、そんな評判を聞...
新・たこの感想文【2011/05/13 19:35】

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2017 制限時間の残量観察, all rights reserved.
04 | 2017/05 | 06

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。