25

January February March April May June July August September October November December
2009(Sun) 17:51

機動戦士ガンダム00 #16「悲劇への序章」

映像関係

「全ての市民の皆様にお知らせがあります」
演説の出だしって全部おんなじなんですかね。オバマもイオリア・シュヘンベルクもハーキュリー大佐も変わらんねぇww


つい一週間も経たないほど最近に、演説巧者のオバマ大統領のを聞いていると、つい比較しちゃって駄目ですね。アニメなのにwww
でもパターンがあるんだなぁと言うのには納得。
人に説得を与える演説には様式があるんですねー。
(正しくは、「ここにいる全市民の方々に報告する。」でしたねw)

・母親を神格化したのか
小熊の頑なまでな父親への反発。
父親が、軍事作戦で母親を見捨てざるを得なかった様ですが、その全ては父親とハーキュリーが悪いと。
彼が軍人で無い道を選んだのなら、如何いういきさつがあったのか分かりませんが、頑なであってもよいかもしれません。
ですが、軍人であることを選んだのなら、必ずあの小熊ことアンドレイには父親と同じ事が起こるでしょうね。
それも予想ですが、近々、もしかしたら来週かもしれない。
同じ轍を踏んで、漸く子供は悟る――とかやりそうですけどね。

・理想を持ちすぎている気もするハーキュリーさん
現実的に考えて、彼が語るような軍隊って何処にあるんですか?
軍人の理想ほど怖いものは無いからなぁ。
アロウズに対しても、ちょっと甘さを感じますね。
何しろトップは人外です。人に優しいわけが無い。

・もう一基あったメメント・モリ
今の状態のCBじゃ、もう一回メメント・モリを潰せないからなぁ。
どうなるんでしょうかね。
根元から軌道エレベーターを倒すんでしょうかね。
つか、人質がリニアで降り始めた時点で、リニアを爆破させるんじゃないかと思っていたので、ちょっと拍子抜け。
全部叛乱軍の所為にしてなー。
どれ程エグイ作戦をするのかが、来週の見どころか。

来週の予想としては、CBが軌道エレベーター崩落の最中、1機のリニアを何とか救出とかその辺じゃないかなぁ。
映像処理されて、叛乱軍側が市民を攻撃していたように見せられた市民達は、生き残った市民の映像から立ち上がる……という展開は、完全にヴェーダを掌握して今まで完璧な情報統制をしていたアロウズに、そんな隙があるんだろうか?
ちょっと難しいなぁ。
CBの活躍如何ですが、何しろあと9話しかないwww
熊さんの最期と、ついにアリオスの支援機に搭乗するマリーと小熊の再会とか楽しみですね。

刹那の「自分を変革させる」という台詞がちょっとタイムリーな気がしました。
冒頭のオバマ大統領の演説云々じゃありませんが、『世界が変わったのなら、アメリカも変わらなければならない』という一節が確かあったはずです。
まぁ、変われない人も居るんですが、状況に適応しようとする事が、変わるって事なんでしょうかね?
見ていて、刹那の独白を改めて今週に持ってこれたのは、ちょっと上手いなぁと思ったり。


テーマ: 機動戦士ガンダムOO
ジャンル: アニメ・コミック

Edit Comments(2) trackBack(13) |