22

January February March April May June July August September October November December
2009(Sun) 17:54

機動戦士ガンダム00 2nd #20「アニュー・リターン」

映像関係

ルイス=人工イノベイターでFAですね?

今回ルイスが明らかにリボンズに操られているシーンがあり、更に「人類初のイノベイター」という発言から、人工ニュータイプならぬ人工イノベイターってことが証明されました。
リボンズ配下のアリーもこの人工イノベイターかな?そうすると、消し炭にされた下半身がどうのこうのでも、生きている理由になる?
今までも描写されてきましたが、同じタイプ同士で意志の疎通を脳量子波で遣り合えるのがイノベイターです。
が、今回明らかにリボンズの介入で、他のイノベイターを操れる(アニューの意識乗っ取り)事が判明。
こうなると、一期でリボンズが「捨てられた」発言したことに疑問が出てくるんですよねー。

・これだけ他のイノベイター種を支配下におけるリボンズを何故廃棄したか
管理と言う点において、リボンズを排除した理由が分からない。
思想的観点で、イオリアの考えに合わない思考・思想を持つようになった為排除したのか?

・何故生かしたまま外に出した?
捨てられた、との言葉を信じると、これだけ強い力を持つイノベイターを「殺しもせず」外に出す危険性は考えられなかったのでしょうか?
この場合は、殺そうとして殺せなかったというのが正しいのか?

脳内スルーせよという電波を受信しました。
気にならなかったことにしますw

・オーライザー奪取
この辺のやり取りが面白かったですね。
ライルを撃つ⇒ライルがミレイナ奪取⇒アニュー逃走⇒オーライザー奪取⇒刹那が強引にオーライザーとドッキング⇒オーライザー壊して脱出
この辺のテンポのよい展開が、見ていて楽しかった。
突っ込みを入れつつ、よいタイミングで望んでいた展開が来るので面白かったなぁ。
だから、撃てないライルに何だかなぁ…みたいなw

・二十歳になったばかりの刹那に責任を押し付けるんですね、わかります。
好きな女は殺せません。
だって軍人じゃなくってテロリストだもの。
荒熊さんは、軌道エレベーターの工事従事者たちを守る為に、妻を見殺す作戦を『指揮』しました。
ライルは政府にたいする反意を伝える、おもに小規模戦闘をしていたテロリストの出身です。
比べるのが可哀想というものです。
刹那も少年兵士、もといテロリスト出身ではありますが、4年前からの戦闘行為によって、色んなものを抱えております。
ミレイナ奪取の場合でも、彼は被害最小であれば、見方であるはずのライルですら撃ちましたしね。
覚悟も背負うものも違うのですから、ライルと比べるのはかわいそうです。
そもそも、アニューさんは悲劇を象徴する『死に役』の死亡フラグを立たされたキャラでした。
深い掘り下げのある、ルイスと一緒にしてはいけません。

最後に意思疎通できたのは、多分特別仕様のダブルオーのトランザム粒子のお陰なんだけどね?
(ラストのダブルオーってダブルオーライザー?)
トランザム粒子のお陰で、リボンズの支配下から解放されて、全裸(笑)の邂逅なんでしょうけどね。

よかったね、ライル。
恨みをぶつけられる相手が居て。
成人してもう直ぐ10年経とうとする君がぶつけたのは、成人して間もない青年なんだけどね?

なんつーか、1期の兄貴役は、ロックオン"ニール"・ストラトスでしたが、今期は刹那・F・セイエイがCBの要たる肝なんですね。兄貴役を、ニールから刹那が受け継いだんだと実感した回でした。

私、ライルが嫌いなんじゃないんですよ?気にして無いだけでw
ただ、ニールと役割が違うんだな、とやっと理解したというか。
ライルも分かっているとは思うんですよ、あそこでアニューを撃たないと、自分が死んでいたと。
あれは、自分で出来なかったことが悔しいだろうって事ぐらい分かりますよ。

八つ当たりだっていうのはね(笑)

つか、今一番心配なのはEDですよ。
服だけEDの今回、初の相手キャラ死亡者がでました。
どうしよう……刹那以外のCB相手キャラ死亡とかきたら…。
つか、このままだとソーマが一番危ないんじゃない?
如何見てもルイスは生存ヒロインの候補だし、そもそもティエリアには相手いないだろ?(笑)
刹那は主人公補正かかるし……うわー、頑張れハレルヤぁぁぁぁぁ!


テーマ: 機動戦士ガンダムOO
ジャンル: アニメ・コミック

Edit Comments(6) trackBack(16) |