08

January February March April May June July August September October November December
2009(Mon) 21:24

お近づきになりたくない相手

日々徒然

輝けば良いと思うよ!
*「輝け」=“Shine”でよろしく


クレーマー対応をしているうちに、私の胃が壊れそうです。
最近暑いですかね?
夏に向けて、大変な方々が増えるんですが、既に遣っていられないレベルの人たちが多くて、胃薬とオトモダチになりそうな気配。

>ジャンプ感想
>バクマン。
やっぱりあの編集さんはヤバイんだろうなぁ。
亜城木側の改変を勝手にして、大丈夫だろうか?
福田さんと中井さんが新連載参入かぁ。
さて、亜城木の漫画は残れるか。来週は、亜城木側のテコ入れの結果が分かるかな。

>アイシールド
いよいよ来週で最終回かな。
人気のあるうちに終われた作品ですよね。
ネウロといい、アイシールドといい連載中にアニメ化された作品ですから、着地点が上手く行くのはホッとします。
同点で終わった時はどうなるかと思いましたが、「アメリカンフットボールの信条」というのが上手いですね。
二年後のセナはどうなっているんでしょうか?
来週が楽しみです。
アメフトの選手になっているのかなぁ。

>黒子のバスケ
そういえば、コートの外から見た黒子くんの迫力とかは、全く触れられていませんでしたよね。
コレはいいチャンス。
決勝が凄く楽しみです。

>サイレン
まさか、ネメシスQの危機に関係していたのは、碓氷とはねぇ。
ワイズだとばかり思ってました。

>ぬらりひょんの孫
だれか掲載位置を何とかしてぇぇぇぇぇぇ!
お婆様、親父様産む前に死んでしまうぞ!
ラストカットの爺様カッコイイですな(*´д`*)ハァハァ

>昨日買った面白かった漫画
放課後のカリスマ 1 (IKKI COMIX)放課後のカリスマ 1 (IKKI COMIX)
スエカネ クミコ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

放課後のカリスマ 2 (IKKI COMIX)放課後のカリスマ 2 (IKKI COMIX)
スエカネ クミコ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


雑誌に掲載されていた時から気になっていました。
偉人たちのクローンということで、世界史の教科書や美術の時間に習った偉人変人が沢山出てくるようです。
卑弥呼とかのクローンはどうやって作っているんだよっ!とか気になるところはあるのですが、そこは重要じゃありません。
重要なのは、彼らがオリジナルの人生をトレースするのかどうかです。

物語の序盤でクローン・ケネディがオリジナル同様に暗殺されます。
それまでwktkなホンワカした雰囲気だった学園生活は、一気にぴりぴりとした世界に変化し、彼らクローンの人生がどうなるの不安になります。
化学者マリ・キュリーのクローンであるマリ・キュリーは序盤で音楽学校に転校したとなっていますが、果たして実際に転校など彼らに可能なのか。
クローンの教師達の会話から察するに、あまり良い未来は想像できません。
さらに、クローンの中に一人放り込まれた主人公の史朗。
彼は学園の教師・神矢の息子ですが、2巻最終話にて衝撃の展開を向かえ、彼自身にも曰くがあることが提示されます。
気になって仕方が無いから今月号チェックしたのに意味ワカンネぇぇぇぇぇぇ!

クローンたちの暗殺の担う謎の集団と、「ドリー様」(最初の哺乳類クローン体であるクローン羊に肖った人形)に仕掛けられた盗聴器の謎。
つか、あの暗殺集団って、クローンの何期目かの生徒達なんじゃね?
暗殺されたクローン・ケネディが「プロトタイプ(試験体)」なら、何度か試みているってことですよね?
作中で神矢教師も「あんなことはもう嫌だ」みたいな台詞があるから、過去にクローン体に関して曰くつきの事件があるんでしょうかね?
何よりも、2巻冒頭の暗殺者たちの会話で「火あぶりは?」という台詞に速攻で「やめて」と止めにかかる女性が、ジャンヌ・ダルクのクローン体の様な気がしてならない。
あと、中心メンバーの顔一文字の傷が目立つ黒フードの男って、史朗と同じ顔(クローン?)なんじゃないでしょうか?
気になって仕方がありません。

今、めちゃくちゃお薦めの漫画ですね。
アニメのBlood+漫画を描かれていたから、連載開始時は気になって目をつけていたんですよねー。
コミックス化されて本当に嬉しいなっ!

Edit Comments(0) trackBack(0) |