08

January February March April May June July August September October November December
2010(Mon) 21:14

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST #43「蟻のひと噛み」

映像関係

嘘をつくのが苦手なマルコーさん。見事な演技ですっ!!

原作が富に面白くなってきた所ですね。この辺のテンポ感は重要です。今週は凄く面白かった!
つか、グロさもハンパ無くレベル上がっていると思うんですけどね。

・下手な演技に釣られたのは
エンヴィのほうでした。
しかも「地雷式」と嘘をつきつつ、遠隔操作というオチ。二段構えです。
ここでぐっと来たのは、マルコー先生の覚悟でしょうか。
「造り方を知っているということは、壊し方を知っているということだ」
街の住民の命を背負った心算だった。部下はその知識が身を輔くると思っていた。
実際はそんなことは無い。利用して利用されつくす。

だからこそ、マルコー医師の足にしがみ付いてなく取り込まれた魂の成れの果てが映し出され、決断したシーンはゾクゾクきた。

・嫉妬するものは矮小な身
ここはエンヴィの演技が凄かった。高山みなみの演技が凄かったなぁ。あれで、ヒーローな探偵をやっているんだから…。
ヨキを乗っ取ろうとするも、スカーは愚か、マルコー医師にも見捨てられそうになるwww
ここ可哀想だけど面白かった。この展開がないと今週は本当にきついものなぁ。

・人体練成なんてされた、困るじゃない。
国が利用しているのに。

原作読んで、このシーンほど衝撃を受けたのは…母親の遺体を掘り起こした話以来かな。
いや、想像はしていまいした。ソレくらい、やるんじゃないかと。
人体練成が出来れば都合の良い兵士は幾らでも造れるし、もしかしたら賢者の石の材料になるのかもしれない。そこまで考えて、魂の無い肉体は利用できるのか?とか考えて、無理かなぁと思ったり。
このはなし、ホムンクルスよりも人間の欲望のほうがえげつないという所に落ち着くことになったとしても、トンでもない展開をしそうですね。
堪えたオリヴィエ少将が……。
直前の弟イビリは彼を助ける為ですねわかります。

・だが、妻だけは自分で選んだ
憤怒のラースの人間的な部分だったと思いたい。しかし、この「聖家族」の行く先も辛いものがあるんだろうなぁ。ラースに救いは無いでしょうね。
「人のフリをするホムンクルス」
人間性を捨てたものが、人間のマネをする皮肉。彼らは気付いていないのでしょうか?

・グリードさんはどこ?
この後の展開を知っているから、スゲー切ない。
仲間思いですよね。強欲のグリードさん。その彼を飲み込んだ意思っていうのが、本当に怖い。
来週は、彼の為に泣く。こういう脇役の切なさが溜まりません。

・自分で立てるものしか、他人は助けられない。
他国を構った挙句に、身内を見殺しにしてしまっては本末転倒。それが名ばかりの「皇女」の地位にあるものとしても。いや、皇女という立場だからこそ、他国を利用して一族を助けなければいけないのでしょうね。
メイ・チャンの脱落はキツイなぁ…可愛い子ですからねー。むさい男どもの癒しがっ!さてどうなるか。

・嫉妬ですかwww
やっぱりウィンリィの嫉妬っぽい感情を見せてくれたのが一番嬉しいかも!
やっぱりエドウィンのカップリングでしょう!

父親と再会したわけですし、この後どうなるか……エドと親父の再会も楽しみですけどねーwww


来週の予告…「お父様」の声で『バリンバリンの~』と言われると、ちょっと吹くwww

テーマ: 鋼の錬金術師
ジャンル: アニメ・コミック

Edit Comments(0) trackBack(3) |