14

January February March April May June July August September October November December
2010(Sun) 17:43

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST #44「バリンバリンの全開」

映像関係

アイキャッチがお風呂に入ったウィンリィの為か、「FULLMETAL ALCHEMIST」っていう人の声が弾んで聞えたのは私の幻聴ではないですよねっ!(挨拶)

だから、CM明けのエドの時は、妙にがっかり感を持ったんですけどww

・無条件で信じてくれるもの
「自分の父親だから」それだけで、重要な事を打ち明け、協力を求められるのはやっぱり嬉しいでしょうね。人外な賢者の石になってしまったホーエンハイムでも。
ちょっと揺さぶる、からかう心算で「俺がアチラ側に繋がっている可能性を考えないのか?」と怖い顔で言うのはやめようよ!
エドと違ってアルは繊細なのよーーー!

・『チビ』で反応しました。
赤いコートでも、金髪でも、三つ編みでもなく、チビで反応しましたエドwww
人物描写の特徴は良く捕らえられているんですが、そこは認めるしかないと思うよ!だって事実だモノwww
その後、人質役をするのは何と違和感があるんでしょうか。
あんなふてぶてしい人質、私は嫌ですよっ!
あと、あの派手な車……アニメでカラー化されると尚更「普通に戻せっ!」って思いますね。

・密かに抱きかかえている行為が、お前の答えだ
グリードの慟哭がキツイ。
仲間をそれと知らずに殺してしまうのが「強欲」なのに…と悲しくなる。
仲間を奪われたというのに、自分で最後は殺してしまって、そしてその哀しみ、苦しみで混乱する。
最後、無意識に抱きかかえて泣いている。
あれが、「グリード」の答えだんでしょうね。
「覚えていない」って言ったって、魂は確りと覚えている。
ホムンクルスには魂はないのか?そう思いつつも、こういうエピソードを加えられてくると、彼らにも魂に似た何かがあるんじゃないかと思います。
強欲であるならば、「お父様」に消されてしまった過去にまで貪欲にしがみ付いて欲しい。
先代グリードとその一行は、とてもいい関係に思えたので尚更ですね。

さーて、グリードさんぶっちぎりの展開です。
原作を読んでてこの辺から、エドとアルの父親が出てきてからの展開が凄く面白く、毎月毎月凄い展開を見せるので、飽きがきません。
畳み掛ける展開に、ドキドキ。
とりあえず、エドは久々に喋りましたねw
父親と親子の感動の再会をしようか…どういう再会かは…ふふ、楽しみですね。

テーマ: 鋼の錬金術師
ジャンル: アニメ・コミック

Edit Comments(0) trackBack(21) |