28

January February March April May June July August September October November December
2010(Tue) 18:15

世紀末オカルト学院 #13(最終話)「マヤの文明」

映像関係

スプーン曲げ最強説!
いやぁ、ラスト三分で全部纏めやがったww
文明が超能力を使えない理由もあっさりと絵で説明されたしなぁ。良かったです。

・ドッペルゲンガーに出会っちゃいけません
であったら普通は本人が死ぬだけですが、あの世界だと一度ひずみを生じさせているから宇宙人を招いてしまうんですねw
一話でマヤが「お前がノストラダムスの鍵だろっ」と言っていたのは本当の事だったんですネェw
もう一人の自分にあっちゃいけないってことなら、誰が来ても鍵になる可能性ってあったんじゃないですかね。
その当時、長野の松代に過去の自分がいた人は。

・お母さん…そりゃないよ、お母さん。
文明の母はお金の亡者になっているっぽいなぁ。
成長した自分が見るには結構キツイ状況じゃない?それでも「母親が好きだった」と回想する文明が切ない。
そして、超能力がぱねぇチビ文明に吃驚。
あんたスプーン曲げの能力だけじゃないのかよっ!
石膏像の指を曲げただろwwwwww
なんつー力を持っているんですかっ!
記憶の中の文明と少し違う?
お箸でカレーを食べようとした文明を、スプーンで食べるようにいうし(外面考えただけ?)、プラネタリウムに連れて行ってあげるとかいうし…少し変わってきているのか?

・デレたマヤ可愛いよマヤ
折角文明の前でテレているのに、マヤに好きの一つも言わない文明ってナンなのよぅ!
あの屋上で言おうとした台詞はなんですか!
回想で一番最後に思い出したのがマヤってことは、やっぱりマヤが好きなんですよね?
……母親だと困るから、マヤってことに私の中ではしておきますw
送別会の時、「オカルト好きに戻ってくれて嬉しい」といわれて顔を真っ赤にさせたマヤが可愛かったですw

・少年の能力を奪い、青年は未来を守る
あのノストラダムスの鍵が開いた時点で宇宙人を撃滅できるか、否かが本当の『鍵』だったんですかね。
青年文明が能力が無かったのは、あの日未来の自分に力を全部奪われたから、ってことですか。
ループしていたんですねぇ。
マヤがちび文明がいる事で驚愕しているのに、青年文明がひとり冷静な所で何かやる気だな、と身構えました。
そんなに上手く行くのかとか、ちょっとギャグっぽい戦い方でしたが、上手く纏まって増したネェ。
一気に男気を上げた感じ。
あのまま異界の扉の向こう側に行った文明がどうなったとかは、悲しいから想像しません。まぁ、あのまま少年文明の未来に続いていくってことで、納得すればいいのかな?
思うに、少年の文明君は「自分の足で歩きなさい」と言ったマヤに恋に落ちたんだと思います。絶対そうだと思います!(笑)

・内田家キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!
電話の内容だけだと、文明をマヤが引き取ったのか、結婚したのか分かりませんでしたが、未来の文明はマヤと結婚したんですねー。「内田文明」君だもんなぁ。
やっぱり、99年7月21日の出会いで、文明はマヤに恋に落ちたんだと(ry
マヤによる今度こそ理想のタイプに育て上げる「逆紫の上計画」でも構わないんですけどねw

最後になって「アニメノチカラ」枠が面白かったです。
最初っからぶっちぎって欲しかったなぁw



次の「おとめざくろ妖怪」が楽しみv

テーマ: 世紀末オカルト学院
ジャンル: アニメ・コミック

Edit Comments(0) trackBack(12) |