15

January February March April May June July August September October November December
2011(Fri) 20:31

「C」 #01「complication(複雑)」

映像関係

櫻井さん早く薬売りさんやって下さいよぅぅヽ(`Д´)ノウワァァァン
やっべー、今期のノイタミナ枠やべー!
「あの花~」といい「C」といい感想を書くアニメが一日二つもあるというこの辛さ。大変だわw

・キャラデザが古いのか?作画がキャラデザの良さを殺しているのか?
HPでキャラ説を見る限りは、後者の気がする。
映像は凄く綺麗でリアルだし、面白い演出とかCGとか使っていて面白いのに、キャラがなぁ…。
設定がの絵は凄く良い感じなのに、なんだろうこの違和感は。
「モノノ怪」の時は凄くよかったんだけどなぁ。
あごひげ野郎の描写がキモかった。

・OPとEDの疾走感最高!
OPで各国のお札を解体?して、中の人たち?建物を移したりするのが面白い!
色んな国のお札を解体してみせて、映っているものを面白くクローズアップしていく展開がいいねぇ。
EDも主人公が走り続けているのが意味深。
EDでの歌が「未来《きみ》を知りたい」と言っているのがこの作品にあってますね。
キャラデザの説明では、冒頭に出てきた真坂木と会話している男と公麿は一緒に行動するようですが、OPの最後に対戦しているけど、最後はそういう風になるってことなのかな?

・残高ゼロになったら、未来を売り渡す?
三國に負けたあのおっさんが、どうも公麿の大学の同級生に似ているような気が…ってキャラの区別ができないだけか。
電車に飛び込みましたが、あそこでお金が『0』になったら対価を現実で払わなければいけないようですね。
未来をかけているわけだから、残高0円になったら、『死』しかないわけか。
電車に飛び込むとその掃除とかに遺族にすげー賠償金くるんだけどなぁ…。マイナスじゃん。

主人公がお金を引き出して「契約成立です」ってなってたけど、あのシーンよく見ると、お金自分の金を引き出しただけのように見えるんですよね。
朝振り込まれていた金額は50万円で三千円を引き出したうえで残金は「505,750円」
夜中に一万円を引き出そうとしたときの画面表示は「595,750円」
真坂木から振り込まれたのは、50万円だとすると、後から出てきた10万はどこから出てきた?(1万円引いて9万になるのは10万ですよね)
バイト代金だと考えるのが妥当で、それは公麿が稼いだ代金だ。

なぜここで「お金が必要でしょう…ふふ」という笑い声と共に真坂木が登場するのか。
これは、公麿への暗示なんでしょうかね。
給料振込み日ってことを忘れさせるとか。ちょっとその辺の描写が無いからなぁ。
通帳をもう一度見せてくれればあの9万円が一発で分るんですが…。
うーんここはひっかけのシーンなのかしら?
自分の金を引き出すだけでも、やっぱりお金が必要だと分らせるってことなのかな?
頭がこんがらがってキタ━ヽ( ゚∀゚)ノ┌┛)`Д゚)・;'━!!

・お前はQBかっ!
主人公はよく頑張ったと思いますよ?
ごり押し営業するQB真坂木に対して、ドアを閉めて遮断。
片足を踏み入れてきたら、踏みつけて怯んだ隙に締め出す。
そして、変な力を使って侵入し、さらには変な空間に招き入れて営業を再開されても「(゚Д゚)ハァ?」で切り抜けた。
最後の最後で…お金使っちゃったねぇ……申し出ていれば、こんな変な事件に巻き込まれなかったのに。

まー、そうするとお話は始まらないんですけどね?

とにかく強引に引き入れる真坂木の所業の数々が、薬売りさんの強引な部分とかちょっと思い出してまた続きが見たくなる!!

とても気になります。
つか、本物のヒロインは来週からの登場ってことで、そちらも楽しみです。
あの暫定ヒロインは…お話が終わった後には、主人公に振られればいいとか思っちゃう、キープ君を作る彼女がちょっといやですねwいや、あれは彼女にとって公麿はただの友達だから、友達として接しているのか?
でも、そうするとあんなに丁寧なノートを作ったりしないんだけどなぁ…。

とりあえず、公麿が向かった先は「金融街」ではなく「兜町」とのこと。
まず仕組みを説明するのかな?

サブタイトルは『C』が付くようですね。
金融に関係ある単語なのかな?
ラストはサブタイトルが何になるのか。
タイトルそのまま『C』を持ってくるんじゃないか、と今のうちに言っておきますw



テーマ: 『C』(アニメ)
ジャンル: アニメ・コミック

Edit Comments(0) trackBack(8) |