06

January February March April May June July August September October November December
2011(Sat) 23:44

BLOOD-C #05「めぐりあひて」

映像関係

漸く話が動き出しましたね
人間とは違うもの。

今週は時間が無いから簡易感想です。

小夜の戦いを記憶したまま逃げた少女が出てきましたが、街中で小夜と気づかれることは無いんでしょうか?
今後の伏線?
それとも、「古きもの」の戦闘に巻き込まれた人間は、もう普通じゃないってことになるのかな?
人の形をした「古きもの」でしたが、目玉だけ。
ちょっと小夜みたいな存在がいるのかと気になったけど、違った。

怪談話で「古きもの」を何とかするために人間側は何等かの方法を見つけたようですね。
そこを話す前に小夜が昏倒。
記憶があいまいなこともあり、それこそ「約定」に絡んだことなのか?

小夜という存在を使って、「古きもの」を倒すことにしたことが、人間側がしようとしたことでしょうか?
小夜と古きものがイコールで結ばれることもある?
小夜をこちら側に引き込んでいるのが、父と文人さんってことでしょうか?

今週からいきなりお話が進んで、来週はもう街中パニックじゃね?
友人たちとも別れてしまう展開なのかな?

あの時真が、ハジのような存在じゃないのかと気になっているのに、まったく動きが無いどころか小夜としか呼ばないのがなぁ…。
ただ、「血液」に関する描写が今回何度も出てきたので、そろそろ彼女自身の問題も見えてくるのかな?

古文書の内容が小夜の記憶と違うっぽいのが気になる。
やっぱり父親と文人さんがグルなんだろうなぁ…。

小夜は戦いの最中の記憶がない?
でも、戦ったということは覚えているのか?
良くわからない!

約定関係とか、あの変な模様がある犬が絡んでいるのかな?

めぐり逢ひて見しやそれとも分かぬ間に 雲隠れにし夜半の月影(紫式部)

テーマ: BLOOD-C
ジャンル: アニメ・コミック

Edit Comments(0) trackBack(9) |