03

January February March April May June July August September October November December
2005(Fri) 21:15

古書整理

日々徒然

本日は同人誌の整頓をしておりました。

どれを手放し、どれを手元に残すか……。

コレ↓手元に残ることになったブツ。
2005-0603-2037.jpg


一袋に役65冊入っています(A4サイズだとぴったり。B5だと空きずきしています)。
それが、1.7袋(まだ2袋目は上段が空いている!!/笑)……100冊越えか……_| ̄|○

因みに、手放すことに成ったブツたちはあの袋、パンパンに膨れ上がって2つはありますので、70冊を数えたところで数えるのは諦めました。(当然です)
2002年の冬コミからコミケデビュー(そんなんしなくても良かったのにね…遠い目)してもう直ぐ3年目です。次回キルのは……何時だろう(怖い)
最早、母親の目など気にせずに選別しました★
(親からしてみれば、本が減るならそれでいいらしい……「次回は何時キルのよ」ってもう言ってるよあの人……)

本日、風邪をまたぶり返しまして、ちょっとティッシュとお友達になっていました。体重計に乗ったら、素で1キロ減ってました。此処一週間ちょっと体重が何時もより多くなっているよ!と思っていたら、また何時もの通り体力温存コースを突っ走っていた模様。……早く寝ないと!

>流血女神伝
最新刊を読了しました。
巌窟王のクラシックコンピレーションを聞きながらという、凄い読み方しました。
エドと猿が仲良しです。エドが沢山しゃべっているのも吃驚ですが、猿ってエドと一緒だと腹黒さが表面にでてきて面白い人になりますよね!
イーダル王子がエドより背が高いというのにちょっとショックです。流血女神伝の今までの法則から考えると、彼がユリ・スカナの次の王様になると予想。つーかバンディーカ女王に薔薇を与えた人ってどんな人ーーー!

ラストの一文を読んで、きっと猿の子はカリエの子と恋に落ちるんだ!と妄想いたしました。(←飛躍しすぎです)

>改訂版マグダミリア
何処が変わっていたかを、前のヤツ持ってきて読み直さないと!(作者の懇願を聞きいれろよ、りょく)
高殿さんの今までの作品の中で、一番アマアマなのがマグダミリアシリーズですが、ファリャ公爵とクープラン導師の若い頃のお話、もしくはファリャ公爵の母上と先々代国王との恋バナも読みたいです。その前に、はやく「そのとき」シリーズを!主人公を「皆が殺したい!!」という凄い設定のあのお話の続きが読みたいですーーー。

ブログアクセサリーにチャットがあるとfc2よりメールが来ました。そんなのがあるんですねー。
ウチには必要ないと思うんですが……チャットとかいります?(←他のサイトさんの所に遊びに行く人)

Edit Comments(0) trackBack(0) |