10

January February March April May June July August September October November December
2011(Sat) 19:35

BLOOD-C #09「こころにも」

映像関係

友人全滅、か…ってあれ?
委員長が生き残っている不思議。
時真が「好き」っていうのも不思議に思えてきたw

・動くものに反応します
動いている人間目がけて攻撃している見たい。
まぁ、恐れ慄いている人も食べちゃってましたけど。
それにしても血量といい、ドバシャアアって感じですね。
小夜の友人全員死亡ですね。屋上に逃げた時は何とかなるかと思ったんですが…あれは、校舎から逃げた方が余暇たのかな。
それにしても時真は、学校に行ったけど化け物が出たからって帰された……校舎の中に入れる生徒を分けているんでしょうか?

・シュヴァリエ候補ってところか?
時真と委員長はシュヴァリエ候補だから小夜が好きなのかもしれない。
なんかあの町の住民がみんな小夜のために配置されている気がしてきたなぁ。
ギモーブが入れ物きっつきつに膨張していたっぽい描写が気持ち悪い。
知らないうちに食べているし。
上空で撮影していたみたいですね。飛行機飛んでたみたいですし。

これは先生は何者なんでしょうか。
フラッシュバックする記憶が初代っぽいんだよなぁ…。

・修羅場…?
小夜に寄り添って、しっぽを足に乗せている犬が可愛らしかったですw
あーいう慰めは良いですな。動物ならでは。
それにしても、父親と時真の邂逅が修羅場っぽい雰囲気なのがなぁ。

小夜の記憶がどんどんあやふやになっているみたいですが、母親の名前を覚えていないというところで終了。
誰もいない教室に突っ込みが入ってきたところで、ちょっと面白くなったかな。
やっぱりBクラスは小夜への生贄なんでしょうか。

うーん、これはどうなるんでしょうか。
そろそろ終わりだよねぇ。投げっぱなし劇場で終了エンドだと、たぶん見に行く客いないんじゃね?
赤目の発動条件ってなんだろう?
守るものが誰もいなくなってからとかだったら意味ねえええwww

心にも あらでうき世に ながらへば 恋しかるべき 夜半の月かな 【三条院】

テーマ: BLOOD-C
ジャンル: アニメ・コミック

Edit Comments(0) trackBack(9) |