16

January February March April May June July August September October November December
2011(Wed) 21:00

ちはやふる #07「ひとこそみえねあきはきにけり」

映像関係

努力の天才
太一は努力の人です。
好きな人が振り向いてくれないから他のすべてで努力したのにね。

・かるたの才能
この才能を持っているのは千早や新なんですよね。
耳が良いというのもその一つ。
かるたに青春のすべてをかけてこれるのめり込み具合も才能ですよね。
太一は「名人」になるわけじゃないから…ってスカしたこと言ってますが、実際はそうではなかったと。
冒頭、かるたの早りは千早の本領発揮で凄かったです。

・机くんは勉強が好き
勉強が一番の君しか必要ない?
一番で容姿も運動神経もいい太一が出てきてしまったら、自分の立ち位置が消えてしまった。
思わずかるたを伏せてやれって言っちゃったわけですね。
ヒカ碁かよww
神経衰弱なら、完璧に覚えられる太一に分があり、初めて太一はあれだけの大差をつけて千早に勝てた。
勝てなくてもいいなんてことはなく、その熱意は机君を揺さぶる。

でも、一番揺さぶったのは「勝てないからやる」っていう太一の言葉なんですね。
太一の母親言葉「勝てるものだけやればいい」が思い出されるだけに、のめり込めるかるたを見つけて、なりふり構わない太一が、すごくカッコよかった。
思わず机君が、机を手放すくらいに。

「千早、目の前にいるのは俺だろ?」
太一の心の叫びが切なかったなぁ。
新を見ているようでいて、まだこのころの千早はかるたしか見てないからね。
それは今もそうかw

巨乳少女は自分の家の袴来てクイーン戦に出て貰いたいんですね。
凄い語ってますねw

さぁ、肉まん君を連れてこようか!

八重むぐら しげれる宿の さびしきに 人こそ見えね 秋は来にけり  【恵慶法師】

テーマ: ちはやふる
ジャンル: アニメ・コミック

Edit Comments(0) trackBack(12) |