--

January February March April May June July August September October November December
--(--) --:--

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Edit

20

January February March April May June July August September October November December
2012(Tue) 08:04

夏目友人帳 肆 #12「記憶の扉」

映像関係

私のお父さんを取らないでっ!
子供だとそうなるよなぁ。

・夏目はかっこいい?
これ、よく言われるけど影のある少年っていう補正が掛るのか、やっぱりカッコいいんでしょうかね?
居候先の子の友達ですら「あら?」と思う位には、やっぱりカッコいいのかなぁ。

うどん屋のことを意外と覚えている夏目に笑ったw

居候先の叔父さんは、ちょっと良くわからない夏目のことを、それでも支えてくれた人なんですよねえ。
目が泳いでいたのは、夏目が怖いと思う部分があるから。
それでも口に出さないだけ、彼はできた人ですよ。

あの女の子が理不尽なのは……意味不明な行動する子が自分ちにいる場合を考えろってね。
見えない人には、本当に夏目の行動って分りませんからね。

折角強くなったのに、まだまだ駄目なのか…。
つか、にゃんこ先生用心棒してよ!

一回目は夏目を覚醒させてくれたし、二回目も蹴散らしてくれたけど、三回目に取りつかれた意味ないだろおおおお!
来週は最終回ですな。
ラムネ水を飲みに行くのかな?

5期が来たら、6期と一緒でしょうから、きっと最後じゃないかなぁ。
お話そろそろまとめるだろ?

テーマ: 夏目友人帳
ジャンル: アニメ・コミック

Edit Comments(0) trackBack(4) |

Post a Comment

Private message

Trackback

trackback URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

夏目友人帳 肆 第12話「記憶の扉」
夏目友人帳 肆の第12話を見ました。 第12話 記憶の扉 貴志は滋と塔子に家が売られてなくなる前に両親の家を見に行っていいかと尋ねる。 そして貴志は三世子という少女のいる親戚の家に、鍵を受け...
MAGI☆の日記【2012/03/20 09:44】

夏目友人帳 肆 第12話「記憶の扉」
帰らなくちゃ――。 無くなる前に もう一度だけ両親の家を見に行った夏目。 ニャンコ先生も来てたしw  わずかな記憶を頼りに 鍵を預かっている親戚の家を訪ねるが…。 そこに性質の悪い妖がいたのを夏目...
SERA@らくblog【2012/03/20 10:48】

夏目友人帳 肆 第12話「記憶の扉」
「俺も帰ろう 大切な家へ」 実家の鍵を受け取る為、親戚の家へ向かった夏目 しかし その家には妙な妖怪の姿が…!    【第12話 あらすじ】 最後に一度だけ、幼い頃に父と過ごした家を見に行きたいと...
WONDER TIME【2012/03/20 15:50】

◎夏目友人帳肆第12話「記憶の扉」
=電車夏目が実家へ向かうニャ:おい夏目、駅弁を買え、話はそれからだ。夏目:お弁当ください。二つで。=電車乗り換えニャンコ先生ドアに挟まる。夏目:先にカギをもらいに行かな...
ぺろぺろキャンディー【2012/07/24 18:15】

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2017 制限時間の残量観察, all rights reserved.
07 | 2017/08 | 09

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。