--

January February March April May June July August September October November December
--(--) --:--

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Edit

13

January February March April May June July August September October November December
2012(Fri) 16:58

坂道のアポロン #01「モーニン」

映像関係

アポロンは千太郎のことか?
時代設定が60年代でしたっけ。
雰囲気的に、主要登場人物の薫、千太郎、リコのウチ誰かが死にそうな感じが怖い。
古き懐かしき昭和の青春物語であって欲しいなぁ。

・あがり症がノイタミナ枠の基準?
この主人公の薫君も上がり症か。
何とかコントロールする術があるみたいだけど、屋上に逃げ出すことだとすると、大変だね。
転校の繰り返しで友達ができないのが原因?
つか、転校の繰り返しも「つり球」と同じかよww
重なるなぁ。

・不良と優等生とヒロインと
何やら目を点けられた薫くん。
千太郎だけじゃなくってクラスの他の生徒にも(裏で何かやってそうな)目を点けられたっぽいですね。
レコードのたくさんあるところと言われて、自分の家を教えたリコに、「誘われた」と勘違いするところが、実に年頃の青少年っぽくっていいねw
つか、「顔が綺麗だ」と言われて、メガネを取るあざとさに、少年っぽさがあっていい。
そういう所があるべきだわぁ。好きな子にさりげないアピールとか、いいね。

・雨にぬれる男子高校生
妙に色っぽかった描写ですね。
ですが、校内に入った時の、あの悲惨な顔wwww
二人ともびみょーんな顔がいいなぁ。
傘を取り上げた瞬間に、薫が土砂降りの雨に降られるお約束感がたまりませんでした。

・歩み寄ってみたのは、薫
クラシックは譜面通り引く堅苦しい音楽とか言ってましたね。
基本ができない人の典型的な言い訳です。悪癖は、治りませんよ。
ドラムスやってる千太郎は、叩く方だからなぁ。リズム感とか凄いからまた別なのかな。
クラシックで全部ひとまとめにする所からして、良く知らないんだろうなぁ。時代と作曲家によってあんなに曲調が違うものを一纏めwwwとか。
まぁ、薫が引いたピアノのフレーズは、ジャズなのにスウィングしてなくって「違うな」とは思いましたけど。

歩み寄って最初買いに来たクラシックと違うジャズを買っていったというのが、良いですね。

折角親戚の家でピアノが自由に弾けるかと思ったら、そうでもないのがミソかな。
リコちゃんの家のスタジオでピアノを弾くようになるのかしら。
朝からピアノって駄目ですかねえ。
バイオリン弾きとしては、朝から学校に行く前に1時間練習するのが当たり前だったんで、あの反応は理解できませんでした。立派なピアノも、単なるステータスでおいてあるなら必要ないのにね。
引く気のない家のグランドピアノほど可哀想なものは無いわwww
弾いてなんぼの楽器をなんだと思っているんだろ。

あの時代の10万は今より価値ありますよね。
ドラムセットを買いたかったのかな?貴重品が高いからなぁ2、30万くらいかしら?
今一番安いドラムセットを買うなら3万で買えるからなぁ。
って、ちょうどこの時代設定の1966年にヤマハが10万で買えるドラムセットを発売しているんですねえ。
丁度ビートルズが流行っていたころで、ジャズやらロックやら聞く人は不良でまとめられていた時代ですね。

テーマ: 坂道のアポロン
ジャンル: アニメ・コミック

Edit Comments(0) trackBack(9) |

Post a Comment

Private message

Trackback

trackback URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

坂道のアポロン 第1話「モーニン」
『父親のもとを離れ、叔父のいる九州の高校へと転入した西見薫。しかし転入初日、慣れない環境と周囲からの好奇の視線に耐えられず、薫は激しい吐き気を催してしまう。教室を飛び出...
Spare Time【2012/04/13 20:03】

坂道のアポロン 第01話 『モーニン』
ジャズって所に惹かれた。1960年代を舞台に、ジャズを題材にしたアニメみたいです。横須賀から九州に転校してきた新見薫。都会から田舎に都落ちしたかのごとく本人不満気。 委員長の
こいさんの放送中アニメの感想【2012/04/13 21:03】

坂道のアポロン #1「モーニン」
坂道のアポロンの第1話を見ました。 #1 モーニン 父親の仕事の都合で横須賀から叔父のいる九州の高校へと一人で転入した西見薫は転入初日、迎律子に校舎案内してもらうこと
MAGI☆の日記【2012/04/13 21:44】

『坂道のアポロン』#1「モーニン」
「俺の大嫌いな坂道を軽々と駆け降りていく。 君には、その坂の先に何が見えているのか… それは、俺の見たこともない景色なのか───?」 原作未読。 ちょっと絵が苦手かも~
ジャスタウェイの日記☆【2012/04/13 22:04】

坂道のアポロン 第1話 「モーニン」 感想
放送前から気になっていた今期のノイタミナ枠アニメ。 期待通りの面白さです。 これからの展開が楽しみですよ。 父親のもとを離れ、叔父のいる九州の高校へと転入した西見薫。
ひえんきゃく【2012/04/13 22:52】

坂道のアポロン 第1話「モーニン」
菅野さんといえばジャズってイメージありますが。 よい音楽と雰囲気のアニメですね♪ 設定が1966年の学園と言うのも ジャズにあってる感じですね。 ▼ 坂道のアポロン 第1話「
SERA@らくblog【2012/04/13 23:15】

坂道のアポロン 第1話「モーニン」
オレの嫌いな坂道を軽々とかけ降りて行く 君にはその坂の先に何がみえているのか? それはオレがみたこともない景色なのか・・・ 始まりました坂道のアポロン!! 1966年の九州(
shaberiba【2012/04/14 00:06】

坂道のアポロン 1話 『モーニン』 感想
ジャズの話、というくらいの予備知識しかなかったものの、原作が高評価のようなので期待していたのですが、確かに印象的な第1話でした。 坂道のアポロン 1話 『モーニン』 のレ
メルクマール【2012/04/14 08:57】

テレ西でのノイタミナ完全復活???第一弾アニメ♪1966年の長崎を舞台にした、良質期待満載の音楽アニメなんでしょうな!? 坂道のアポロン 第1話『モーニン』
 こちらでは、東京マグニチュード8.0以来のノイタミナ本格的復活!?っす☆彡  正確に言えば、半年前に終わったうさぎドロップ以来のノイタミナ枠放送なんですが、こちらの場合、2週
シュージローのマイルーム2号店【2012/04/19 01:24】

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2017 制限時間の残量観察, all rights reserved.
09 | 2017/10 | 11

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。