25

January February March April May June July August September October November December
2012(Mon) 20:01

氷菓 #10「万人の死角」

映像関係

ミスリードさせられたのは折木かな?
カメラマンが犯人っていうのは、正解じゃない?
トリックがずさん?
小道具係だけが何かに気づいたのかな?

・お茶しようって、マジもんの「茶店」ww
高校生が行くようなお茶屋か?
お金持ちのお嬢様なんでしょうか。あんな個室で…。
綺麗な先輩に乗せられて、すっかりのぼせ上っちゃったんですね。
折木は「運のある人」か。

翌日の里志の暗い表情が吃驚。
彼は一番に慣れない、何時かなれるよっていう折木の台詞は、女帝が言った「運が良かったといった運動部の選手」と同じ立場の台詞で、里志は補欠の選手ってことを表すのか…おお、こわ。
里志にあれだけ深い闇があるとは思わなかったなぁ。

・皆折木が来ることに吃驚
里志にもおどかれたけど摩耶花にも驚かれるとはねw
退出するときに謝る彼女が可愛い買ったなぁw
カメラワークを指摘するのは、彼女がよくサスペンスを見るからかな?
里志を補修に誘う友達が良いなぁw良い友達じゃないのw
変わりにノートを置いていく友達思いですね。どんな思いを抱いているのであれ。

・リアル海堂先輩
折木の推理通りに後半が取られたってことで、役者がクラスの人として登場したときに、やっぱり棒演技だったんだなぁと落差に驚きました。声優さんは大変だなぁw

視聴者が知っている情報と劇中の人物たちが知っている情報が違うってこと?
この話が3話構成じゃなくって4話使うとはねぇ。
「愚者のエンドロール」って愚者はこの場合折木?

テーマ: 氷菓
ジャンル: アニメ・コミック

Edit Comments(0) trackBack(11) |