--

January February March April May June July August September October November December
--(--) --:--

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Edit

13

January February March April May June July August September October November December
2012(Tue) 17:10

神様はじめました #07 「神様、デートに誘う」

映像関係

親方!空からリア充が!
清々しいまでに少女漫画ですね。
砂糖を穿くような甘さだww

・菜々美の言霊つえええ
段々神様らしくなってきた?
あの妖怪の鞍馬を「空気」に出来るっていうの凄くね?
今迄散々惚れていた女子高生たちがスルーする勢いっていうのが凄いなwww
(毎回かかるBGMが笑えるwww堕天堕天~♪)
女子高生であふれる廊下に鞍馬がスルーされる。吃驚だなぁ。
イチゴパンツちゃんのおパンツ覗いて気になったのか?
何か縁が出来ちゃいましたね。

次の獲物でしょうか?これは神様の仕事として最適なのか?

・モブ引っ込んでろ!
胸もデカいが態度もデカいなぁ。
トモエに瞬殺されてましたが…トモエが確認したのはナナミの靴が残っているかどうかか?
鞍馬から「菜々美だって恋する女の子だ(要約)」と言われて「俺の神様そんなんじゃねーぜ」と啖呵きったら……あるぇ?
様子が変ですよねぇwww

・トモエは保護者の気分?
しながわ水族館?どこ行ったか分りませんが、菜々美ちゃんもこういう所が乙女だよねぇ。
でもトモエからしてみれば、子供をあやしている保護者の気分だよね。
人垣で見えないのを抱えてやるとか…。

人間に恋をしないというトモエの宣言は、前に一度恋したことがあるみたいに聞こえるなぁ。

否定された菜々美は思わず「触るな」と言霊を発してしまうわけですが…。
この二人どうなるんでしょうか。
助けるためだけに触ったってことは、これからは接触ないのかね?

あの屋上でのやり取りは、吊り橋効果を上げるだけだと思うんですけどねぇ。
少女漫画ですから、最後はハッピーエンドになって欲しいなぁ。

まぁ、バッドエンドや切ない系の少女漫画も数多くあるのは事実で、この原作終わってないからどうなるか分らないんですが…どうするんだろうw

テーマ: 神様はじめました
ジャンル: アニメ・コミック

Edit Comments(0) trackBack(4) |

Post a Comment

Private message

Trackback

trackback URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

神様はじめました #7「神様、デートに誘う」
「お弁当に椎茸入れないでって言ったのにー!」 巴衛にお弁当を作って貰っておいてなんて言い草だ奈々生さんヾ(°∇°*) 毎度不思議なのが、教室内での奈々生と巴衛の席の位置。 今
マンガに恋する女の ゆるゆるライフ【2012/11/13 18:35】

神様はじめました 第7話「神様、デートに誘う」
第7話「神様、デートに誘う」 巴衛に対する自分の気持ちに気付いてしまった奈々生ちゃん。 今回は乙女満載でしたなw 前回、奈々生と巴衛が入れ替わった時に妖怪に襲われた
いま、お茶いれますね【2012/11/13 21:45】

神様はじめました 第7話「神様、デートに誘う」
『猫田あみから鞍馬に助けてもらったお礼を言いたいと相談をされる奈々生。しかし鞍馬はいつも女子生徒に囲まれているため、なかなか1人になるタイミングがない。そこで白札を使い
Spare Time【2012/11/13 22:02】

神様はじめました 第7話「神様、デートに誘う」
奈々生といっしょに登校するようになった巴衛は人気者w 人気を二分するクラマ。 どっちとも仲良さそうに見える奈々生は嫉妬されそうですね( ̄▽ ̄)
空 と 夏 の 間 ...【2012/11/14 23:48】

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2017 制限時間の残量観察, all rights reserved.
09 | 2017/10 | 11

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。