--

January February March April May June July August September October November December
--(--) --:--

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Edit

30

January February March April May June July August September October November December
2012(Fri) 21:29

K #09 「Knell」

映像関係

ドイツ語ならカッキーに喋らせろw
冒頭のドイツ語無いわぁ…w
つか、日本語でおk。
白銀の王は「不変」って若いままなのね。
姉が死んで…王の力を発動させたのか。
姉って一緒に踊ってた人?死体を腐敗化させないのか?

黄金の王は初心だったんですかねぇ。
お姉さんとヴァイスマンのやり取りを見て「専門的」って言っているところが可愛いなぁw
ドレスデン爆撃があって、第二次世界大戦まではこちらの世界と同じってことか?
流石にあんな力があったら、日本に原爆二発も落とされないしなぁ。

・学園に記憶は残る?
数日過ごした生徒のことが気にかかる?
シロと過ごした生徒たちに異変が…。
つか、空部屋に居候してたんですねぇ。かなり色々と痕跡があるようですが…。
思い出してあげてえええ!

・赤の王の覚醒
白銀の王は瞳を媒介に移動しているってことになると、シロのあの行動も裏付けるのか。
でも、仮面を被った少年の元にたどり着いてもそこにいるのは操られた少年ですよね。
彼はシロ?
先週のラストでシロを白銀の王が見つめたのは、移動するためだと思うけど…。
潜伏位やりそうだしなぁ。

つか、生徒の中に記憶の残滓があるとすると、白銀の王が黒幕だと知らない赤の王の暴走をシロが知って、生徒を助けに行くって展開になる?

淡島さんってば伏見さんに助けられちゃいましたねー。
王の力はやっぱり凄いんですね。

テーマ: GoRA Project『K』
ジャンル: アニメ・コミック

Edit Comments(0) trackBack(3) |

Post a Comment

Private message

Trackback

trackback URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

K 第9話「Knell」
K 第9話「Knell」 もう若干というかどんどん置いてけぼりにされているような感覚ですが、K9話感想です。 1945年。第二次世界大戦末期。 石版を前にマウスで実験をする研究者。
いま、お茶いれますね【2012/11/30 23:15】

アニメ「K」 第9話 Knell
K WebラジオDJCD KR Vol.01(2012/12/07)津田健次郎/小松未可子商品詳細を見る 成程な、そういうやり口か。 「K」第9話の(あらすじ省略)感想です。(時間短縮のため) 方法。 (物語をなぞ
午後に嵐。【2012/12/01 11:52】

K #09 Knell レビュー
1945 Januar Dresden (1945 1月 ドレスデン) その地下では巨大な石版を前に研究・実験が行われていた。 研究の中心人物はアドルフ・K・ヴァイスマン、日本から 視察に来ている軍人の男に実験を...
ゴマーズ GOMARZ【2012/12/04 13:59】

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2017 制限時間の残量観察, all rights reserved.
09 | 2017/10 | 11

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。