26

January February March April May June July August September October November December
2012(Wed) 21:26

ヨルムンガンド PERFECT ORDER 第24話(終) 「恥の世紀」

映像関係

一度武器を手に取った少年は、決して武器を手放せない。
二期冒頭のAKを投げたシーンに続いたのは、拳銃を投げ捨てようとして捨てられなかった所でした。
原作者、最初っからこの終わりを考えてたんだろうなぁ。
だって二話の冒頭あのシーンだもん。

OPでロケットの前を飛ぶ戦闘機のシーンがあったと思うんですが、今回の話の先行カットだったんですね。

・大きくなったヨナ
どこに行っても人気者w
チェキータさんにもかわいがられていたんですねw
最後、キャスパーが座る座席をスゲー勢いで蹴りつけ、殴ってるww
凄い重量級の壁ドンでしたなw
ペットのような可愛がり方って言われましたが、年老いた夫婦の鎹はペットっていうしね。
レームとの間に子供が出来てたら、ヨナみたいな子になったのかな?

大きくなったねぇ…。

・たぶん世界はキャスパーのいう世界だね
戦争は終わらない。
ココさんのお父さんが何も言わないのは、結局自分たちの会社が有利になるからなんでしょうね。
空を封鎖しても、人は取り戻そうとする。
戦闘機が売れなかったら、戦車。
銃が駄目なら、ナイフ。
どんなことしても、武器商人はあぶれることはないってね。

キャスパーが言っている世界が、合っていると思うけど…。
どちらも怖いなぁ。

結局、空を封鎖して、嘗て手に入れていたモノが手に入らないとなったら、人はどう感じるか。
人類に更生してほしいとココは考えているのかな?
まだ、人間を信じているんでしょうか。

結局ヨナを迎えに来ましたが…二年の間ずっとヨルムンガンドで盗聴してたのかよww
ストーカーに財力と権力とそれを補佐する技術をあたえちゃだめえええww

結局、未来のことは分らないけど、ヨナはココに付いていくっていう判断をするまでのお話でした。
これ、未来が結構現在にかみ合っているんですよねぇ。
一年前には原作終わってんのに…すごいなぁ。
ヨルムンガンドが始まる前に、それぞれの今があるのが良いなぁ。
キャスパーとはヨナだけが対等なんだよね。子供たちがきちんと育ってて安心しました。

新ソ連とか共産圏が復活して、カザフがまたソ連に占領されとるwww
共産圏は、なかなかなくならないのかねぇ。あり得そうな未来だなぁ。

今連載中のもぶっ飛んでますけどね。
良い終わり方でした!

EDに流れていた曲は、少年兵がなぜいるのかということを語っているそうです。
世界中にいるので、いろんな国の言葉が聞こえるんですね。

テーマ: ヨルムンガンド
ジャンル: アニメ・コミック

Edit Comments(1) trackBack(2) |