--

January February March April May June July August September October November December
--(--) --:--

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Edit

09

January February March April May June July August September October November December
2013(Wed) 21:02

新世界より #14 「雪華」

映像関係

富子さん年齢凄すぎww
267歳とかマジかよw
つか、あの外見で67はあり得ない。祖母だから、強引にあの数字出したのかなぁ?
50って言われてもまだ年取っていると思うw

・逃げますよね?
「ここで待ってろよ」は、逃げろよっていうフラグにしか聞こえない。
最後の口パクはやっぱり「さよなら」か。
真里亜と早季のボノボシーンは前夜のことなんですか?精神交感なんですか?
ちょっと分んないwww

・ヒステリックな教育委員会
既に調べは付いていると言わんばかりに高圧的ですね。
嘘を言ってほしいのかな、彼らは。
早季が本当のこと「守は不浄猫を二度仕向けられた」「殺されると思った」ってことを言ったら激昂してましたね。
17歳未満の子供が不浄猫の存在を確実に知っているってことが怖かったんでしょうか?

富子さんが来て、「早急な決断と、きちんと処理しきれなかったミス」を指摘してました。
やっぱり最後には果断に下さないとダメなんだろうなぁ…。

・管理できない人間=管理できない核兵器
日本人が5万しかいないのか…。
世界人口どれだけ減ったんだろう。
今の人間すべてが能力者なのか…。普通の人間は淘汰された?
それとも呪力の影響で、人ならざる者に変化した?
不浄猫が家猫見たいにいてちょっと吹いたwwww

1班は優秀な人材を集めて、いろいろと他と違う事させたけど、それが今の不安定な状態にしてしまったのか。
集団を維持するって大変だねぇ。

瞬のことをにおわすと、早季の目が死んだ目になるのが切ないなぁ。
あんまり情操を弄っちゃいないとはいえ、覚えがないんだもの。

さて、探しに行くことになりましたが…小屋のあった場所の松がねじ曲がってますね。
呪力で何かしたんでしょうが…ドコに逃げた?
全てのバケネズミが襲ってくるし、他の街も敵になる。
早季たちは間に合うのか?

バケネズミが人間たちと入れ替わろうとしているっていう考えが…今後の暗示なんでしょうか?

テーマ: 新世界より
ジャンル: アニメ・コミック

Edit Comments(0) trackBack(4) |

Post a Comment

Private message

Trackback

trackback URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

新世界より 第14話「雪華」
『守との再会は果たされたものの、早季は自分たちの置かれている状況が絶望的なものであることを改めて知る。夢中で捜索している最中は、守を町に連れ戻しさえすれば何とかなると考...
Spare Time【2013/01/09 21:40】

新世界より 第14話 「雪華」 感想
話しが盛り上がって来ましたね。 これは今後の展開が、かなり楽しみになって来ましたよ。 守との再会は果たされたものの、早季は自分たちの置かれている状況が 絶望的なものであ
ひえんきゃく【2013/01/09 22:19】

新世界より 第14話「雪華」
不浄猫に二度も狙われた守はもう町に戻れないと警戒。 真理亜も同調して二人で生きていくとか言い出すし。 帰れるよう言い訳を考えると覚が先に戻って行きますが それでは頼り無
空 と 夏 の 間 ...【2013/01/09 23:51】

新世界より 第14話 『雪華』 感想
レビューは久しぶりです。 新世界より 第14話の感想、というよりは、シリーズをこれまで見ていて思ったことを書きます。
メルクマール【2013/01/11 04:31】

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2017 制限時間の残量観察, all rights reserved.
07 | 2017/08 | 09

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。