27

January February March April May June July August September October November December
2013(Wed) 18:16

新世界より #25「新世界より」(最終話)

映像関係

想像力こそがすべてを変える
終わりよければすべてよし、とは言いますが、これは原作が凄かったんだろうな。
アニメ途中でグダグダじゃん。

・奇狼丸うううううううううう(´;ω;`)ブワッ
母なる女王を御救いください。ってせつない…。・゚・(ノД`)・゚・。
覚の服来て、指差した所で呪力操作でバケネズミを殺したように見せかけ、悪鬼のキシ機構を動かしたか…。
人間に働くんじゃなくて、バケネズミに働くようになってたんですね…。
つか、真里亜と守の子供が少女になってるww原作男の子なんですってねw
これはアニメ化に際して変更になった点かな?
つか、矢島さんすげええwリリーナ様の絶叫とかマジ凄かった。

・浪川が凄い。
浪川、獣系やらせると凄いのな。カッコいいとか可愛い少年とかじゃなくて、癖のある役柄やらせると、マジで嵌るな。
「人間だ!」と叫ぶところから、一連の台詞が…。
あの裁判がまるで「東京裁判」つーか、どっちの方が「人間性」「知性」があるんだよっていうような話だな。
無限地獄とかエゲツナイ…。
「これが人間のやることかよおおおお!」という某キャラの台詞を思い出した。
つか、彼らの正体を考えると…。
悪鬼を手に入れたのが奇狼丸だったら、もっと彼の方が上手くやったんじゃないかな。
それでも保守的な考えの彼だと、自分のコロニーの存続までで、そこまで考えていなかった?

この作品の原作のキャッチコピーが「偽りの神に抗え」なんですってね。
偽りの神=呪力を持った人間ってことで、これってスクィーラ側が本来主人公だったんじゃないでしょうか。
あと一歩の所で、太刀打ちできなかったのか。
大雀蜂コロニーが残されることになりましたけど、いずれ、彼らがハゲネズミの遺伝子を除く方法を手に入れたら、呪力を持った人間たちに対抗するような話になるんでしょうか?
ちょっとそういう話も読んでみたい。
これって、バケネズミが旧人類ってことになると、人類同士の普通の戦争ってことになるんですよね。
結局は類をまたいでの戦争じゃないんだよなぁ…。

特権階級を維持したいがために、呪力持たない人間にハゲネズミを掛け合わせるとか、お前ら本当に「人外」だな。
瞬は気づいていたのか…まさかあの時の会話にそんな伏線が……!!
そして、覚も気づいていたのか。
倫理委員という立場だからか、あの職業についているからか、精神力だけゴイスーな早季でも気づいたわけだから…今後何かあるかな?と覆ったら、千年後の誰かに向けての言葉としてしか残せないのか…。

・覚おめでとう!末永く爆発しろ!
早季がスクィーラを殺してあげるところが良かったな。
やっぱり最初の出会いは、奇狼丸とつながってたかw
あれだけ仲が良かったのにね……。奴隷以下の存在と、ご主人様とでは、本当の友情は描けないのか。
あそこまでされたらなぁ……。
結婚して、さらに10年後に子供か。36?
高齢出産じゃないですかwwwwあの時代、医療技術は大丈夫なのか?
妙に退化しているような気がするけど…。
不浄猫カフェ行きたいですwww可愛いww

街は近代化しているみたいですけどね。

最後に「家路」を流して、麗子や守、瞬や覚に真里亜の小さいころのカットが流れたのが良かった。
麗子が忘れられてなかったよぅ(´Д⊂ヽ
途中で、アレ?と思う演出もありましたが、最後は上手くまとめましたね。
原作を今から読んでも楽しめるかなぁ…先の展開を知ってしまったしなぁ。

原作未読ながら視聴を諦めないで良かったです。

テーマ: 新世界より
ジャンル: アニメ・コミック

Edit Comments(0) trackBack(1) |