24

January February March April May June July August September October November December
2013(Mon) 11:10

翠星のガルガンティア #12「決断のとき」

映像関係

やっぱりクーゲル中佐死んでるじゃないですかぁぁぁ(´・д・`)ヤダー
まさかマミるところまで虚淵仕様なんて…。
クゲったとでも言うべきか?

・男のロマンに目がくらむ?
おもちゃ貰えてヒャッホー!なピニオンですね。
中身がシースルーで見えるっていうのは、設計図が無くても何とかなるんでしょうか。
すっごく本人楽しそうにしていたけど、エビ姉さんには不評ですね。

・玉座に座るロボット
まあ、この辺から違和感バリバリだったんですが…。
玉座にロボットが座っているあたりがなぁ。出れないんじゃなくて、出られないの間違いなんですね。
ストライカーがクーゲルの声を拾ってボカロ方式で作ってたのか?
風土病に掛かってっていってたからには、最初は外に出ていたってことですよね。
人心掌握してから死んだのか、まだ何も分らないうちに死んでしまったのか…どうなんだろ。

・やっている事銀河同盟と同じ
おい、おいおいおい。
虚淵節をこんなところで発揮しなくていいんだよおおお!
老人と病人を排除するってことかよ…。
後ろ向きにして頭から落下させてるのは、衝撃で首の骨折るためですか?
わずか半年でこんなに信仰まで覆されるとは、あの船の人たちも思わなかったんじゃないかな。

皆目が死んでる…雨降ってもっと喜んでよっ!
少年が、レドの弟に、エイミーの弟に重なるシーンはきつかった。
守るためにガルガンティアを離れたのに、余計な火種を招いてしまったわけだ。
ヒディアーズどころじゃねぇ。

・がんばれメルティ!
あのカイトでガルガンティアまで行くの大変だっただろうなぁ。
最後に力尽きて落下するときは、ハラハラした。
エイミーがカッコよかったなぁ。
ガルガンティアが持ってる「鍵」は何でしょうね。
「天の梯子」って衛星兵器か?
機動エレベーターっていうよりかは、雲の切れ間から光が降り注ぐ現象を「天使の階《きざはし》」って言いますけど、それと同じ状態を指すなら、衛星ビーム兵器っぽいなぁ。

・当機は、パイロット支援啓蒙システムである
↑このスタンス崩さないまま、チェインバーがレドにストライカーと戦えることを示唆したシーンは感動した。
ロボットはロボットのまま、クーゲル中佐の行動が「銀河人類同盟の作戦範囲外」と言い切れるのが凄いなぁ。
そして、クーゲル中佐と戦う決意をするのは、何時だって人間であるレドであるという決断の所在を明らかにするのがいいね。
ストライカーがクーゲル中佐死んでいるにも関わらず動いていたのに比べると、凄い。

・よく動くロボット戦
コックピットの中が凄かったなぁ。
ああいう描写になるんだ。ストライカーに頭上を取られたとき見えた描写とかああいう見方になるんだなぁと思った。
ピニオン大活躍なうえ、ロブスター姉さん凄いなぁw
ユンボロ海中進出を断固拒否!なキャンセル具合が良いわw
髪の毛おろしたピニオンがかっこいいしw
これはロブスター姉さんとフラグ立ったか!?

クーゲル中佐の「レド、お前がいると助かる」っていうセリフは本音だったんだろうなぁ…。
どうしてこうなった。・゚・(ノД`)・゚・。

テーマ: 翠星のガルガンティア
ジャンル: アニメ・コミック

Edit Comments(0) trackBack(15) |