--

January February March April May June July August September October November December
--(--) --:--

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Edit

24

January February March April May June July August September October November December
2013(Sat) 17:26

劇場版「空の境界」 #01「殺人考察(前) Ⅱ」

映像関係

相手のストーカー行為に耐えかねて…
という理由が適用されそうな追いかけまわしですな。
刃物を持つ女性に追いかけられたけど、お前もストーキングしてたんだぜってw
で、この事故が一話に繋がるのか。

・吐瀉するまえに呑み込んだ。
吐いちまえばよかったのにw
凄く綺麗に噴水になってましたけど、あの赤い水が血だと知らなかったら、スルーできたんでしょうかね。
人間って動脈切ると凄いことになるんだねぇ。
あんなに血がぶしゃーって
本当に犯人じゃないとしたら式さんは殺人現場にいることが落ち着くってことなのか?

・ストーカー怖い
よくオカルトヤクザさんちをストーキングできるよなw
やっぱり黒桐自身もおかしいんだね。
彼女に付き合っていられるっていう時点でおかしいのか…。

振り回されているようで、式を振り回しているような気が…。
今回「識」君出てきました?
ちょっと口調の強い式はいたけど、いないような…。

ストーカー行為がばれていなかったと思っている所が可愛いのでしょうか?
さて、本当の犯人は後編ですか?誰なんでしょうか。
つか、黒桐に近しいの筋骨隆々な先輩は何ですかw

テーマ: アニメ
ジャンル: アニメ・コミック

Edit Comments(2) trackBack(0) |

Post a Comment

comments

2013/08/29 23:20 [ 編集]
- MAILURL

ぶっちゃけ黒桐くんは作中でもトップクラスに「普通じゃない」です。
誰に対しても「普通」に接することができるのは、逆に尋常じゃありませんからね、良くも悪くも。
今回の式はもちろん、浅上藤乃にしても、いくら同情すべき境遇にあると知ったとはいえ、視線だけで人を無残に殺害することが可能で、しかも実際に(殺された側の自業自得の部分が大きいとはいえ)何人も殺害している相手と話し合いをしようなど、式や橙子に止められるまでもなく普通なら躊躇しますね。

式の家を監視してたのも、彼女が犯人であることを疑ったからではなく、式の無実を証明するためです。
あれだけ決定的な場面を目撃しても、揺るぎなく式を信じているというのは、やはり「普通ではない」のでしょうね。
一応そこまで式を信じる根拠は、「好きだから」以外に、「式が殺人の痛みを知っているから」というのがあります。
式は、織が殺人衝動を覚えるたびに「彼」を自分の中に圧し殺してきました。 自分で自分を殺し続けてきた、被害者であり、加害者でもあるから、それがどれだけ哀しいかも知っていると。

>今回「識」君出てきました?

殺人現場で微笑んでいたのは織の方です。 あの2人は基本的に記憶を共有していて、主導権は式にあります。 だからあの場を黒桐くんに見られたことを式の方も自覚してるわけです。
ただ、連続殺人事件が起こってから、式と織の間にズレが生じ、織の記憶の一部を共有できなくなりました。 だから式自身、自分が殺人鬼である可能性を疑っていました。

2013/09/06 16:26 [ 編集]
りょく@管理人 MAILURL

何時も解説有難うございます。

コクトーは誰に対しても「普通」に接するのか。
その中で執着する「両儀式」っていう存在が、彼にとっては異質なのか?
まぁ、普通はそれが特別なんですけど、この人の話だとなんかすごいことになりそうですねw

>殺人現場で微笑んでいたのは織の方です
あ、そうなんだ。あんな笑顔するんですねぇ。
式よりも織君の方が色っぽい笑みじゃないですかw
怖いけど。

殺人を犯さないために監視するんじゃなくて、無実の証明のための監視か。まぁ、厄介な人だなぁw
殺人者に対してまで「平等な」彼は、本当に特異で式にはぴったりのお相手なんですねw

これ、式が犯人じゃないとすると誰が犯人になるんだろう。
それが解き明かされる所は楽しみですね。
犯人だったら、犯人でもおもしろいのですが、できれば式さんも識君も好きなんで無実であって欲しいです。

Page up▲

Post a Comment

Private message

Designed by mi104c.
Copyright © 2017 制限時間の残量観察, all rights reserved.
09 | 2017/10 | 11

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。