--

January February March April May June July August September October November December
--(--) --:--

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Edit

12

January February March April May June July August September October November December
2014(Sat) 18:17

蟲師-続章- #02『囀る貝』

映像関係

「どうしようもなかった」
切ない。本当に、「どうしようもない」としか言いようがない。
自然に人間は太刀打ちできないよ。
助ける優先順位って付けちゃうよ…。

身内は後にって考えの、消防士とか警察官とか大変だよな。

・ちょっとおじゃましますねー。
耳の中に囀る貝が潜む訳じゃないけど、寄生されたような感じがしますね。
子供が子役使っているんでしたっけ。このお話には棒演技っぽいのが丁度よい。
素朴な海辺の村に、あんな過去があったなんて…。

声を聴いていれば時期に治るって、割と軽い部類の災いですね。

・一人で責任を負えば楽
奥さんを10年前海で無くしているのか。
足をけがしているから、自分で船を出せなくて、助けに行けなかったのか。
鱶かぁ。サメじゃどうにもならないわ。
網元が、自分の奥さんを先に助けるのは仕方がないわな。

奥さんがちらりとも出てこなかったのは気になるなぁ。まあ登場人物増えるだけだし。
それとも死んじゃってる?
網元が許せず、村から離れて暮らすのか…許せないのは網元だけじゃないんですね。

・何度でもよみがえる
静かな海岸が怖いな。
あれだけ「ぴーちくぱーちく」騒いでいたものがいなくなるって、こんなに怖いものなんですね。
崖の上に避難したのは、やっぱり皆津波を想像していたのかな。
だけど、養殖やっている所で怖かったのは赤潮だったか…。
あれって栄養過多な状態で、プランクトンの大量発生が原因とかですよね。
赤潮蔓延のシーンを見て、まるで妻が死んだときの海だと理解して「どうしようもない」ってことに納得したのか。
切ないな。太刀打ちできないよなぁ…(´・ω・`)ショボーン

養殖をやっているから、かえって引き起こしちゃったっていうオチはないかな?
10年も事故が無い海って凄いことなのに、キツイなぁ。
恨まれるのわかってて、村から離れている人間を引き戻そうとしていた網元って凄いよな。

・真珠を皆で分け合う
天然で、アレだけ大きな真珠って村一つ救えるって凄いよね。
ミキモトが養殖真珠に成功するまでは、すさまじい値段してたんだっけ?
江戸と明治の架空の時代ってことだと、凄い値打ちだぞ、あれ。
養殖技術確立するのって明治40年近いだろ。

それを皆で分け合い、暮らしていく。
その後の危機を察した上に、真珠を分け与えた。
網元が皆のために生簀を作ったのと同じだろうなぁ。
犠牲が出なくて良かったわ。

ラストの鳥が羽ばたくシーンは圧巻でした。
3Dの名前が今回も出てないので、手書きですよね。すげぇ。

次回は「雪の下」
……うわぁ。鬱回だ。覚悟しよう。

テーマ: 蟲師
ジャンル: アニメ・コミック

Edit Comments(0) trackBack(4) |

Post a Comment

Private message

Trackback

trackback URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「蟲師 続章」第2話
真珠… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201404120000/ 【送料無料】蟲師(6) [ 漆原友紀 ]価格:1,234円(税込、送料込)
日々“是”精進! ver.F【2014/04/12 19:57】

蟲師 続章・第2話
「囀る貝」 海岸線を歩くギンコ。ふと気付くと、鳥の声がどこからともなく……。それは、貝から聞こえてくる。そんな頃、浜辺で暮らす少女は…… 浜辺の村と、村とは距離を置いて暮らす父娘。 父娘の母だった女は、かつて、村で海女をしていた。しかし、そこへ鱶が現れ、妻は死んだ。しかも、網元は、先に自分の妻を引き上げた結果…… それ以来、父は、村と距離を置き、そして娘にも、浜辺の人間とは口...
新・たこの感想文【2014/04/12 20:27】

蟲師 続章 第2話「囀る貝」
第2話「囀る貝」 海で貝を拾う少女。 浜辺の村とは離れた崖の上に住むミナに声を掛けたシマ。 二人は仲良くなるが、ミナの父・砂吉はそれを許さず・・・ 海でさえずる貝を見つけたギンコ。 これは凶事の知らせ。出会った砂吉に災いのことを知らせるが、自分の身は自分で守ると村とは一線を画す。
いま、お茶いれますね【2014/04/12 21:18】

貝が小さな声で鳴いている 「蟲師 続章」 第2話の感想。
「仲間のために、生きるために」 第二話 「囀る貝」 貝殻に耳をあて、聞こえてきたのは──鳥の声。 幾年も前の悲劇が癒えぬままの漁村で、妖しき"蟲"が凶兆を示す。 異形のモノが告げる異変、ヒトにとってそれは──。 (公式サイトのあらすじより) ・ ミナと砂吉親子が最後、村のみなの元へと戻るラストがよかった(小並感) ミナちゃんの中の人が誰かな~?...
あるアッタカサの日常【2014/04/13 01:09】

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2017 制限時間の残量観察, all rights reserved.
03 | 2017/04 | 05

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。