26

January February March April May June July August September October November December
2014(Sat) 18:10

蟲師-続章- 第4話 『夜を撫でる手(よるをなでるて)』

映像関係

兄が親父のようにならなくてよかった!
一期一話のレンズ婆ちゃんみたいなものかな?
レンズ婆ちゃんは、意識あったけど。

・山の王にでもなったつもりか
あの山にもヌシはいただろうに、何か行動を起こさなかったのかな。
人間が真似事するぐらいなら、どうってことないのか?
蟲師のギンコの体を縛るような力って怖いな。
ギンコの蟲師としての知識で、何とかならないのかね?

あの力で人間を殺すようになったらどうしようかと思った。

・腐った肉にしか思えない
村中に腐った肉を売っていると思われているのに、本人は気づいていないのね。
昔は自分も父親の肉が腐っていると思っていたのに、どうして自分は大丈夫だと思うんだ?
段々体が消えてしまった親父に似てきたか…。

フキっていうのは「腐酒」って書くんだね。
光酒が腐るってことあるのねぇ。
血筋に紛れると、生き延びるものと短命なものが出来るのか。
彼らの祖母は、父親を生んで直ぐに死んだとか聞いたのかな?
40程度で亡くなっても、十分短命ですけどね。(昔の孫が生まれる年齢は今より若いだろうし)

・弱いものに狩られる
熊と間違われて力のある方の手を撃たれたわけですが、山の主を気取っていても、銃には手が出せないんですね。
光酒を飲んだ弟は、体が弱かったのが持ち直したのに…。
最後に鳥に襲われたシーンが怖かった。
往年のヒッチコックの「鳥」を思い出したわ。

兄弟たちは、光酒のお蔭できっとあの体質を改善するんですよね?
元気になったと思った弟が、次の力に目覚めているとかそういうのは勘弁です。

最後にギンコが山で見た男性の姿は…山で彷徨う彼らの親父なのか?

今週はこの後にジョジョやってて助かった。
ちょっと後味が悪いもんなぁ。

テーマ: 蟲師
ジャンル: アニメ・コミック

Edit Comments(0) trackBack(4) |