--

January February March April May June July August September October November December
--(--) --:--

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Edit

11

January February March April May June July August September October November December
2014(Sun) 18:10

魔法科高校の劣等生 #06「入学編Ⅵ」

映像関係

こ、高校生?
ぼくがかんがえたさいきょうのこうこうせい
ってやつを、真面目に文章化して、さらにアニメ化されるとちょっとツッコミが追い付きませんね。
アニメの中二病みたいなやつだと笑えるんですが…。

・警察は後から来るもの
魔法科高校だから、二科生でも強いのでしょうかね。
いやーレオ君ってば硬化系ですか?
CADも特別性ですか。音声認識とか発音間違えたら最期じゃね?
つか、鋼の錬金術師おもいだしたわーw

・「この国」最高の情報
テロリストに「この国」って言ったのは、彼らがやはりよその国の息がかかっているからなのか。
壬生先輩は利用されたことにまだ気づかないのね。
んでもって、二科生であることで貶めていたのは、自分自身と。
うーん、凝り固まってるな。

・あ、エリカもナンバーズ?
千葉の娘って言っておりましたねー。
十氏族では無くても、位が上の家にも何かしら特技があるようですね。
渡辺先輩よりも上ってことか。
剣技だけなら、壬生先輩の方が強いのか。なるほど。

つか、そもそも渡辺先輩では壬生先輩の純粋な剣技に勝てないって言ったのに。


なんで主人公に泣きつくの?
あ、男性がいないって一科生の十文字先輩の胸を借りるのは無理か。
ハーレムだもんなー達也君www

杉田敵対部活の彼がまさか壬生のこと好きとはねーw
青春っすなー。

それにしても堅苦しい言葉でしゃべる人たちだな。
やっぱり大人っぽさを感じると中高生が思うのはその辺なんだろうか。
無理があると思っちゃうんですけどね。

そして1クール入学篇があるんじゃないかと思うほど続く「入学篇」www
早く九校編いけと思うんですが、あれはもっと長いです。
せ、説明文が長いんだと思いたい!

テーマ: 魔法科高校の劣等生
ジャンル: アニメ・コミック

Edit Comments(0) trackBack(8) |

Post a Comment

Private message

Trackback

trackback URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

魔法科高校の劣等生 第6話「入学編Ⅵ」
第6話「入学編Ⅵ」 深雪のお兄様教が全裸謎空間を作り出すまでに昇華したw (やっぱこれはノルマなんだなと確信w) まぁそこはいいとして司波兄妹の介入と二科生ってマジですか?なレオとエリカの活躍もあってテロリストはあっさり拘束されたなぁという印象。 壬生先輩のフォローに終始した感じですかね。
いま、お茶いれますね【2014/05/11 20:49】

魔法科高校の劣等生 第6話「入学編VI」 感想
生徒会や風紀委員の活躍によって、ブランシュの襲撃は速やかに鎮圧されていく。敵の情報を得た達也は、深雪たちとともにブランシュが狙っているという図書館へ急ぐ。 同じころ、図書館にある特別閲覧室では、テロリストが魔法大学の所蔵する機密文献にハッキングを仕掛けていた。同盟のリーダーである司甲(つかさ きのえ)から、彼らの手引きを命じられた紗耶香。言いつけに従いながらも、明らかな犯罪行為を前に心中は...
趣味人の宿部屋【2014/05/11 21:03】

(^ω^)可哀想なニブチン ~魔法科高校の劣等生 第6話「入学編VI」~
あらすじ(公式HPから抜粋) 生徒会や風紀委員の活躍によって、ブランシュの襲撃は速やかに鎮圧されていく。敵の情報を得た達也は、深雪たちとともにブランシュが狙っているという図書館へ急ぐ。 同じころ、図書館にある特別閲覧室では、テロリストが魔法大学の所蔵する機密文献にハッキングを仕掛けていた。同盟のリーダーである司甲から、彼らの手引きを命じられた紗耶香。言いつけに従いながらも、明らかな犯罪...
悠遊自適【2014/05/11 21:23】

『魔法科高校の劣等生』#6「入学編VI」
「俺と深雪の日常を損なおうとするものは、すべて駆除します」 公開討論会がうまくいったと思ったら、テロリストが急襲!! 達也は攻撃された棟に向かおうとするが、 小野というカウンセラーがそっちは囮で、敵の本命は図書館だという。 そこまで分かっててなぜ…と思わないでもないんだが~
ジャスタウェイの日記☆【2014/05/11 21:30】

魔法科高校の劣等生 第6話 「入学編Ⅵ」 感想
足るを知れ―
wendyの旅路【2014/05/11 21:55】

魔法科高校の劣等生 第06話 感想
 魔法科高校の劣等生  第06話 『入学編Ⅵ』 感想  劣等生「警察なんて当てにならない!」  ブラックブレット「まったくだよ」  攻殻機動隊「本当にな」  警察「おいw」  次のページへ
荒野の出来事【2014/05/12 14:40】

魔法科高校の劣等生 第6話「入学編Ⅵ」
「俺と深雪の日常を損なおうとするものは全て駆除します  これは俺にとって最優先事項です」 ブランシュの狙いは機密文献である魔法研究の最先端資料! 今回の一件を見過ごせず叩き潰す為に拠点へ乗り込むつもりの達也   【第6話 あらすじ】 生徒会や風紀委員の活躍によって、ブランシュの襲撃は速やかに鎮圧されていく。敵の情報を得た達也は、深雪たちとともにブランシュが狙っているという図...
WONDER TIME【2014/05/12 22:42】

魔法科高校の劣等生 第6話「入学編VI」
魔法科高校の劣等生の第6話を見ました。 第6話 入学編VI レオンハルトやエリカの力も借りて反魔法活動団体の狙いである魔法大学の非公開資料を達也と深雪は守り抜くのだった。 剣道選手としての評価と二科生としての評価のギャップに悩んでいた紗耶香は甲にマインドコントロールされていたようで、達也は勘違いし続けた1年間は無駄ではなかったと説く。 そして、反魔法活動団体を根絶やし...
MAGI☆の日記【2014/05/13 14:12】

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2017 制限時間の残量観察, all rights reserved.
05 | 2017/06 | 07

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。