--

January February March April May June July August September October November December
--(--) --:--

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Edit

14

January February March April May June July August September October November December
2014(Sat) 20:56

蟲師-続章- 第9話 『潮わく谷(うしおわくたに)』

映像関係

母親の血を代償に。
文字通り血を吸って成長してたんだなぁ。
母乳は母親の血液っていうしなあ。つか、何も涙まで乳に変換しなくても…。
潮わくっていうより「血潮」湧いてたわけだ。

・雪の描写がすげえ
CGじゃなくて全部手描きかよ…。
雪のちらつく描写すごいな。あと音が反響してて耳が吃驚。
雪山で怪我したギンコを救った男性は、オーバーワーク気味ですね。つかオーバーワークっすね。
出てくるご飯がおいしそうなこと!昨日夜見た時は飯テロだと思ったね!

夜通し働いているけど、夜中までクワの音がするっていうのは、ちょっと眠りを妨げないかい?

・蟲の所為だって知ってた
扉を開けたらここだけ冬山なのに、青い稲穂が!
ファンタジーだよな。蟲の事を知っていると何の影響かと身構える。
芳一から甘い香りがするっていうと、光酒関係かと思ったけど、まさか母親の体液を全部乳に変えてしまう蟲の影響とは…。
父親は何か知っているけどだんまりですね。
青い田園畑の向こうに雪景色って変なところですよねぇ。
背景は相変わらず綺麗だけど。

・宿主を肥え太らせて、次を待つ
嫌な蟲だなぁ。
宿主の成長の為に、周りを成長させる匂いを発生させるって、これで母親は乳を無尽蔵に作り出してたっていうのか?
元が血液な為に、母親の生命維持には成り立たなくなるのか。
周囲の田畑が潤っているのも、芳一にご飯を食べさせて、蟲へ栄養を行き渡らせるため。

でも、その田畑を耕したのは芳一自身なんですよね。
母親に酷い事したと思っても、田畑を維持するにはこの力が必要…。

孫たちの祖父である父は、何を思ったのかな。
与えられた「蟲下し」を数年後に使っていたみたいですが…あれは小さな子供たちが農作業を手伝えるようになるまで、我慢したて事かしら?
親のいない子ほど大変な子はあの時代いませんからね。
女子供と老人だけで、あれだけの田畑を耕せないだろうしなぁ。

最終的に救いがあってよかった。

テーマ: 蟲師
ジャンル: アニメ・コミック

Edit Comments(0) trackBack(4) |

Post a Comment

Private message

Trackback

trackback URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

蟲師 続章 第9話「潮わく谷」
第9話「潮わく谷」 冬の山で足に怪我をし、動けなくなっていたところを助けられたギンコ。 冬なのにその家の周りには青々とした田が広がっていた・・・ 昼夜を問わず働く主人の豊一から香る甘い香り。 本人は昔から体が丈夫で働き続ける事が苦ではないと言うが、ギンコは蟲の関与に気付きました。
いま、お茶いれますね【2014/06/14 21:08】

乳は血となり・・・ 「蟲師 続章」 第9話の感想。
「血を造り地へと還る」 第9話 「潮わく谷」 雪の時節も青々と実りをたたえる里。 眠りにつく事すら無く農事に精を出す男は、 その脈動と共に何かを刻み続ける。 家族が生きる地の為に、そして己の血が為に──。 (公式サイトのあらすじより) 今回も蟲とどう共生するか? というようなお話でした。 血潮、ではなく乳潮という蟲。 宿主とその母親の生気と引き...
あるアッタカサの日常【2014/06/14 23:20】

「蟲師 続章」第9話
守らなければならないもの… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201406140000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】蟲音(むしのね)続 [ (アニメーション) ]価格:3,240円(税込、送料込)
日々“是”精進! ver.F【2014/06/15 05:43】

蟲師 続章 第9話「潮わく谷」
「それが、母親の死の上で成り立っているとしてもか?」 眠らず働き続ける豊一が蟲の影響を受けてると気付いたギンコさん 息子の幸せを願い続けた母親の思い   【第9話 あらすじ】 雪の時節も青々と実りをたたえる里。眠りにつく事すら無く農事に精を出す男は、その脈動と共に何かを刻み続ける。家族が生きる地の為に、そして己の血が為に──。 雪の積もる山中で足を痛め動けなくなっていたと...
WONDER TIME【2014/06/15 19:42】

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2017 制限時間の残量観察, all rights reserved.
09 | 2017/10 | 11

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。