--

January February March April May June July August September October November December
--(--) --:--

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Edit

30

January February March April May June July August September October November December
2014(Mon) 00:23

キャプテン・アース #13「バクの町」

映像関係

だからなぜに仲間にならないのよ!
バグペアさんは仲間になるのだとばかり思ってました。
『君のいない世界はいらない系男子』だったんですね、分かります。

性格変わってないから、ワンチャンあると信じてます!

・なんで生き残ってる?
流石に生きているのは可笑しいと思うんですね。
何かの事件があったのに、皆無傷。
と、ここでバクさんの不思議な力が。
まさか、ここでの会話が伏線だとは思いませんでした。

ハートのエースだけ再生できるのか?⇒できない。
だから壊れたモノは全て修復してしまう。

・守るべきモノが無い強さ
お嬢様を守っているという意識が、彼を支えていたというか「人」たらしめていたわけですね。
あれだけ強いって思ったのに、お嬢様が本当に幻として消えてしまったら、ライブラスターを使う前に、キャプテンの拳で済んでしまった…。

てっきり彼は味方になるとばかり思っていたので残念です。
下っ端運転手が「俺も悪夢を見る」って言っていたのは、この惨状の伏線だったんですねぇ。
中々今回の過去は面白かったです。

親父さんがやる気なくしていたのは、自分が一度死んでいると認識していたからでしょうか?
ジョージ不憫っすねーwww自業自得だがな。

テーマ: キャプテン・アース
ジャンル: アニメ・コミック

Edit Comments(0) trackBack(4) |

Post a Comment

Private message

Trackback

trackback URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

キャプテン・アース 第13話 バクの街 幻影感想
せやけどそれはただの夢や。
アニメガネ【2014/06/30 00:31】

キャプテン・アース 第13話 「バクの街」 感想
バクは主人公でもいいくらいおいしい設定ですね。 満天の星に埋め尽くされた夏の夜空、宇宙ロケットの発射台がひと際大きく そびえ立つ種子島。 その夜空に浮かぶ「丸い虹」を見たことをきっかけに、ザワつく胸騒ぎに 突き動かされて、17歳の少年・真夏ダイチは、この南の島を訪れた。 そこで彼を待っていたのは、驚くべき出会い。 "アースエンジン"と呼ばれる白く輝くロボット、そして"アースエ...
ひえんきゃく【2014/06/30 00:53】

キャプテン・アース 第13話
キャプテン・アース 第13話 『バクの街』 ≪あらすじ≫ (公式ホームページ STORY 13話より抜粋) ≪感想≫ 本物に出来なかった偽物の終焉 なんとなくそんな感じがする。結局のところ、クミコも今になって悪夢の終わりを望んだんだよね。あのマグス号事件からここまでだいたい何日経過しているのかは実は覚えてないんだけど(笑 自分を始め組のみんなは生き返...
刹那的虹色世界【2014/06/30 20:50】

この悪夢から解放して/キャプテン・アース13話他2014/6/30感想
<記事内アンカー> ぷちます!! -プチプチ・アイドルマスター- 第74話(最終回)「食って寝て遊べ」 キャプテン・アース 第13話「バクの街」  艦これ、捕鯨×2に成功したので早速大鯨を潜水艦遠征中。うーん、この遠征枠が1つ減った手狭感、以前の潜水艦派遣任務を思い出すな……次回の改二は妙高姉さんでほぼ確定ということで、彼女に関しては比較的育成が進んでいたこともあり、羽黒と同じ...
Wisp-Blog【2014/06/30 21:35】

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2017 制限時間の残量観察, all rights reserved.
03 | 2017/04 | 05

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。