05

January February March April May June July August September October November December
2005(Sat) 19:56

BLOOD+#5暗い森の向こうへ

映像関係

ジョージさんは謎の施設に収容されてようですね。

さて、輸血を受けながら、何らかの治療を受けるジョージ。彼を看護する職員は防護服を着用しています。
…翼種っていうのは、空気感染するもんなんでしょうか。あそこまでする必要あるんか?

父親を誘拐(笑)されたことに怒るカイは、自分も連れて行けとデヴィッドに詰め寄ります。
自分の実力をよく分からないお子様には、身体で教え込もう!というわけで、ぼっろぼろのズタボロに殴られ、蹴られ、吹っ飛ばされます。(ネクタイを緩めるデヴィッドがいいね。私はスーツを崩す仕草って好きですよ!←聞いていない)
野球をするのを諦めたような、右肩(右ひじ?)を容赦なく痛めつけます。まー、本気のプロは、雑魚でも容赦なくつぶすべきなので、あの編の描写は当たり前でしょう。つーか、弱いですね、カイ。

さて、「役立たず」なカイですが、弟のリクはその実「翼種の咆哮」を聞き取れるあたり「役立つ少年」である事を知らないんですよね。知った時の己との格差にまたウツになるんでしょうか。まー、「なんくるないさぁ~」でがんばれ?
(サヤが「役立たず」と言ったのは自分を護るためだというのを、ちゃんと気づいているが、ソレが悔しいっていうのは、男のだもんねー。当たり前だよ!)

所で……カイとリクが作ってくれた大量のおにぎりですが、サヤはもしかして「あっという間」に食べたんでしょうか?(笑)
お父さんを取り戻してから食べる心算だったの?

ラスト、アルジャーノが研究所を「自然に戻すだけ」と言いますが、アレは翼種を氾濫させることを言うのか、それとも米軍にGUSOH……爆撃させる事を「自然に戻す行為」だと考えているのか。謎です。……今日食べていた飴は、「うめあじ」じゃ無いんですね。包み紙の色が黄色だよ!
blood

テーマ: BLOOD+
ジャンル: アニメ・コミック

Edit Comments(4) trackBack(49) |