21

January February March April May June July August September October November December
2014(Sun) 13:12

アルドノア・ゼロ EP12“たとえ天が堕ちるとも”-Childhood's End-

映像関係

コードギアスの焼き直し
2006年の作品でしたっけ…続編作っているのに、そうかぁ…。
ウザクことスザクは、日本人なのにブリタニアに行くと決めたら行きっぱなしだったけど、スレインウザインさんは、行ったり来たりのコウモリ野郎。

一兎を追わないから、本当に欲しいものばかりすり抜けていくってな。

・艦橋つえええ。
やっぱり大尉がいる場所って安全なのかな?
館長の兄は身代わりになった気もしないでもないが、今は大尉がいる所って皆生きてるじゃん。
プリンセス1の操縦担当の人が死んでいるのに、あちらは無事とかすごいな。
ここにきて、姉の義手?アーム補助能力がすごく聞いてる。ロボット技術はああいう所に活かされるべきだよな。

・どちらに銃を向けた
生き残れればどちらでもいいって事だな?自分に照準を合わせられて撃たれたから、反射で打ち返した。
相手が地球人だとかそんなのどうでもいいってこと?

これじゃあコウモリとか言われちゃうなぁ。でもその場で「僕は地球人です」とか言っても死ぬだけだし。
可愛そうだとは思うけど、さっさとイナホたちと合流していればよかったのに。

・なぜ機体が動いた?
①クルーテオ卿が生きていた。
②姫さまとの人工呼吸が鍵となっていた
③博士の息子で、何かしらの仕掛けを博士が仕組んでいた。

②だとロマンがあるけど、「トロイヤード博士」というキーワードがあるからには、③かなぁ?

・全部持ちなのに合体とかぁぁぁぁ!
今まで出てきた機体の性能全部持っているとかずりいだろwww
そして、合体とかwwwファンネルの時みたいに合体阻止しろよイナホ!とか思ったけど、あの吹雪じゃ無理だ。
火星人はロマンが分かるんですねぇw
リアル系なふりしてスーパーロボット大戦wwww

そしてそんな機体を翻弄する練習機さんすげええええええ!
やっぱり設置面やファンネル飛ばすところが弱点なのね。
弟の解析力凄いけど、それを見てすぐ判断する姉は、流石軍人というか、あの弟の姉だけはあるな。

ザーツバルム卿の「植え付けられた偏見」云々は、『知るかボケェ』で終了だな。
そこから抜け出すのは、お前らの自浄能力。外に行くあたり論外。
国を変化するの、頭上《政府》より足元《国民》からやらないと成功しませんからね。
革命だろうが、血流出そうが、そういうもん。自分の国民であがなってくれ。

・ほら、虚淵だから。
スレインの蝙蝠具合が最悪なせいで、姫様死んじゃったじゃないか。
「たとえ(雨宮)天が堕ちるとも」ってことかよぉぉおお!と突っ込みましたが、ユフィか…。
ユフィと違って化けそうな気がしたんだけどなぁ。心臓には達していないかも?
寧ろ最後にスレインに頭撃ち抜かれたっぽいイナホが心配。

姫様、最後の銃弾はイナホに当たりそうなのを庇ったっぽいな。

クールぶってたけど、アセイラムの事好きだったんですね。
積み重なって、愛しさを増したって感じ?お姉ちゃんの言葉は正解だったんだなぁ。
良く見てたわ、姉。

姫様もイナホも殺して、スレインはどこへ?
行方不明ってスレインが姫様を回収したのか?
結局ザーツバルムを撃つも、頭狙えないとか馬鹿なのか。

ライエと戦っていたのがファンネルだったのには驚いた。子機かよwww
侍女ちゃん捕まっちゃったけど、生きてた!

はてさて、「来年まで待たれよ」って事ですが、アルドノア⇒fate⇒アルドノア⇒fateってなるのか。
二期になる時、きっとfateの鬱エンド⇒鬱開始アルドノアって感じなるのかと、今から戦々恐々ですw

最終話英語タイトルが「幼年期の終わり」なんだよなぁ。傑作SFのタイトルを持っていた意味って何?


テーマ: ALDNOAH.ZERO アルドノア・ゼロ
ジャンル: アニメ・コミック

Edit Comments(0) trackBack(8) |