--

January February March April May June July August September October November December
--(--) --:--

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Edit

28

January February March April May June July August September October November December
2014(Sun) 21:12

ばらかもん #12(終) 「かえってきてうりしか」

映像関係

二期早う!
もう終わってしまったのが残念。
いい雰囲気で、安心してみていられるのに…。

・お母さんも達筆
旦那様が書道家だし、子供も書道家だもんな。
そりゃぁお母さんもそれなりに書けないとダメか。
まさか封印の札っぽもの書くとは思わなかったwww

・お母さんのスタンドこわいwww
承太郎声優の小野Dがやってる半田先生が、まさか母親の「オラオラオラオラオラ」攻撃受けるとは思わなんだwww
ボコボコだけど、父親はスルーしてる?回避能力があるんかね?
巻き込まれる川藤がかわいそうwww

まあ、彼は連絡がつく東京で書いてもらって売りたいお店の人だからな!
お母様に殴られとけ!

父親が、犠牲になってる川藤に向かって合掌しているのに吹いたw

35年前にあの島に行っていたっていうお父さんって、今の先生より目つき悪いような気がするけど…。
あの郷長ってば、さすがヒロシになんか似てるな。
ということは将来ヒロシも恰幅良くなるのか……(; ・`д・´)…ゴクリ…(`・д´・ ;)
映っていた赤ちゃんは、もしかしてなるのお父さん?

35年前に島に行った父親の年齢が、当時20代前半だったりすると、お父さんって今58くらい?
お母さんが40代前半ってことだと……年齢差って先生となるなのか。
おやぁ~?

原作では最終的にくっつくとかありそうだなw

・汚いモンスターボールまで入れてくるな!
島の皆が、自分の宝物を送って、応援しているのかな?
汚いモンスターボールはどうかと思うけど、中々優しい皆ね。
習字の結果が入っている封筒を見て、母も何か思うのか。

自分の息子が求められるってやっぱり嬉しいものね。

・さあ、島に『帰って』きましたよ!
本当に直前までぐちゃぐちゃだったなw
ヒロシがいなかっただrどうすんだよw
糸巻き戦車とか懐かしいwwwって現実逃避すんなーw

せんせいに覆いかぶさるように皆で突撃されるのって良いな。
あんなに皆に求められるなんて、羨ましいわ!

で、展覧会の結果は…5位か。
一位92歳って何つう大御所きてるんだよ!
順当に年齢順って所ですかね。

島の個人情報流出ですけど、島の皆の名前で石垣を作るっていいですね。
日ごろ一緒にいる要の石《名前》に、それを埋め合わせる石《それぞれの家族》って感じかな?
早く二期が見たいです!

最終的に「かえってきてうりしか」って文字を書いたのなるになるのね!
ツイッター情報だと、あの字を書いたのが、なるの声優やってた子との事。
いいねぇ!


テーマ: ばらかもん
ジャンル: アニメ・コミック

Edit Comments(0) trackBack(1) |

Post a Comment

Private message

Trackback

trackback URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ばらかもん 第12話「かえってきてうりしか」感想
清舟は母親似だと思いました。 メソメソしたり騒いだり、でも落ち着くところに落ち着いてしまう、そんな母親と清舟がダブって見えてきました。 島に行ってからおかしくなったと島に行くのを猛反対する母親でしたが、子供達が書道を教えてもらっていることを知って、清舟の成長を感じたんでしょうね。 自分の目の届かないところで、子供が成長して行くのは嬉しくもあり、反面寂しい気持ちもあると思いますが、な...
二次元美少女の笑顔を守りたい duple【2014/09/28 23:24】

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2017 制限時間の残量観察, all rights reserved.
07 | 2017/08 | 09

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。