--

January February March April May June July August September October November December
--(--) --:--

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Edit

24

January February March April May June July August September October November December
2015(Tue) 18:17

ユリ熊嵐 #08「箱の花嫁」

映像関係

愛の銃弾《バレット》で心臓を打ち抜いて
まさかここにきてキス=銃弾(物理)という展開がくるとは…。
嘘よね?
来週は、銃弾をるるが受けていそうな気が…。
本当のことを言わないと、ギンコがキスを貰えないからこそ、あの場でるるはスミカの事を言わないわけにはいかなかったのよね。
残り4話でどうなる!?

・話のすり替え?
自分が食べたのに、ペンダントも母が亡くなった日に消えたから、持っている人=犯人にしたのか。
まさか、夫に嫉妬するのではなく母親の愛情を受け止める赤ん坊であるクレハをねたむとは…。
箱中ユリーカってすごい名前だったのね。
能登ボイスの「彼」ってどういうこと?あの人の存在が不明だなぁ。

保護したのに見捨てたってことか。
飽きたらそれって……。
また絡んでくるかな。

・断絶の壁とクマリア様
熊だけの信仰じゃないのかしら>クマリア
裁判で熊から人になれるって不思議。
ここぞ17才教の本領発揮だけど。

屋上で三つ巴どころ4人鉢合わせしましたが…はてさてどうなる。
スミカ見殺しだけは、許されないかなぁ。

イクニ節好きなんで、どうまとめるか楽しみです。
「運命の果実を一緒に食べよう」が最高でした。
それに匹敵する台詞まってます。

テーマ: ユリ熊嵐
ジャンル: アニメ・コミック

Edit Comments(0) trackBack(3) |

Post a Comment

Private message

Trackback

trackback URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【ユリ熊嵐】第8話『箱の花嫁』 キャプ付感想
ユリ熊嵐 第8話『箱の花嫁』 感想(画像付)  やっぱりユリ熊だったユーリカ先生。 澪愛へのスキを裏切られたと思って憎さ百倍になって…ということか。 重すぎる愛って怖いですねぇ…。    『あの娘』とは銀子のことだったと知る紅羽。 だがユリーカは、これまでの事件のすべての元凶は銀子であると紅羽に告げ、 排除しろと言う。 はたしてユリーカは何を企むのか?  ついに...
空 と 夏 の 間 ...【2015/02/24 21:14】

ユリ熊嵐 第8話「箱の花嫁」
第8話「箱の花嫁」 母の絵本は二人で旅立ちました。めでたし、めでたしでは終わらない後日談仕様? 銀子が「あの娘」だと気付いた紅羽。状況をおさらいしたら銀子が該当しましたって感じの思い出し方だな。
いま、お茶いれますね【2015/02/24 21:48】

ユリ熊嵐 第8話「箱の花嫁」 感想
犯人はしまっちゃうおばさんだった。 ユリーカさんダーク過ぎやで。 『彼』役は能登さんでしたね。 能登麻美子が男役とはめずらしい。 以下ネタバレあり。
こう観やがってます【2015/02/25 22:24】

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2017 制限時間の残量観察, all rights reserved.
03 | 2017/04 | 05

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。