--

January February March April May June July August September October November December
--(--) --:--

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Edit

27

January February March April May June July August September October November December
2004(Sat) 17:39

ハウル…カッコイイ!!

映像関係

ハウルカッコイイ~~(≧Ω≦)

…は!
いや、済みません。「ハウルと動く城」見てきました。現在我が部屋でかかっているCDはイメージアルバムです。最初に出来たやつねv好きなんですv

まず、今日の「ハウル」映画上映前からテンション高かったです。
予告に久々の山寺ボイス(ぉぃ)を堪能し、とうとう来年7月後悔公開の『スター・ウォーズEP3』の予告!!今日は、今のところ覚えていますよ!オビ=ワン・ケノービー(前回日記を書く段階でもすっとぼけたが、今回も友達と話していた又忘れた…笑)アナキン・スカイウォーカーがどうやってダース・ベーダーになるのかってねぇぇ。来年見る映画、1本決まったわv

さて、ハウル。
彼の登場シーンから、もう心臓わしづかみv
原作ファンの私も、原作を読んでいてちょっとキザ野郎だなぁと思っていた私ですが、あのハウルならOK!キザじゃない(キザなんでしょうが)紳士だ!
(つーか宮崎アニメでオカッパってなったらツボキャラ決定のようですね>ハク様しかり)

声も、比較的抑えてあって、「キムタクです」って言われないと分からないくらいだと思う。凄くあってました。うーん、カッコイイ。感情を爆発させた時にちょろりと彼っぽいところが出ましたが、そこは仕方がないところじゃないかなぁ。うーん上手い。
そうそう、倍賞千恵子さん。…若いのとおばーちゃんがごっちゃになっているのは、ある意味話がそうなってしまったから。……裏話で「娘の声を作りますか?」と効かれてパヤオ(宮崎駿)は「そのままでいいです」って言ったそうだな。…そんなに職業声優嫌いかよ?パヤオ!倍賞千恵子さんは松竹歌劇団出身の娘役の人だからねぇ…やれば出来る人にやらせないのも困りものですな。

カルシファーが凄く彼っぽい!!我修院がぴったり!!あれは適役です。

マルクル…まず、役名がちがうでしょ?だから青年じゃないようですねぇ。…うーんそこは原作ではソフィの妹の一人を好きだった青年だったからなぁ。仕方がないのかなぁ…。声を当ててるのが、センチヒで坊役だったこでしょ?確かに、「しばし、待たれよ…」とかいう台詞で笑わせては貰ったが…あまり…その…ごにょごにょ。
以下、内容について突っ込んだ話なので反転で。 ソフィーの容貌がコロコロ変わっていて、原作を良く知らない人から見れば、何で彼女がそのことに気がつかないのか、何時魔法が解けたのかが分かりづらかったと思う。
彼女が「長女の法則」(御伽噺でよく使われる規則性)をしっていて、それに対するコンプレックスが魔法をかかり続ける要因のひとつだが、そんなもの専門に勉強するとか知っている人じゃないと気付かない法則のはず。つーか原作をよんでいる人なら、彼女がちゃんと感情を表しているとき(私なんて…と考えず)には歳相応の容貌だ。ということにやっと気付く程度では?
確か…このエピソードってハウルにも適応していたと思ったけど・・・どうなの?
あと、曲調が久石調ですね。いい曲ですが…なんか分かりやすいなぁ。

あと、ハウル→ソフィーですね。これは譲れません。最後ソフィが気持ちに気付くのは構わないんですが、あのハウルの名台詞『僕達って、一緒に暮らしたほうがよくない?』(うろ覚え)がないのはいただけません!!(笑)
どうしても、ソフィにいて欲しいハウルのお願いなのに!!壮絶な片思いの末、ハウルはソフィの心を射止めるのだと、強く言いたい!!(ぉぃ)

ハウルは何時から彼女が『ソフィ』であることに気がついていたのか。ちょっと難しいかな。

これ見よがしの『戦争反対映画』っぽくなっていてちょっとさびしかった。
違うんだよなぁ…。まぁ仕方がないんですがー。

ハウルが現実世界(コチラのイギリス)出身だというのは、すっかり忘れ去られてますね(笑)…パヤオ(宮崎駿のこと)の作るアニメでオカッパ美少年は定番?えーと策に嵌らせていただきます。…んもう、ハウルの設定少年も青年も好きだぁぁぁぁ!!


・・・で、私の左前に座っていた『いい歳したおばさん』が劇中にケータイの動画or写メールを操作して撮っていた!!

貴様著作権って言葉とマナーって言葉知らねぇのかよぉぉぉ!!一端幼稚園児からやり直せよ、このオバタリアン!!

光が目に入るは、マナーの悪さに腹が立つは…最近の映画鑑賞人ってどうなの?

来週はオタ映画(笑)新海誠監督の最新作を見てきます。つーか絶対見るーーー!!

>種2
カガリには、少々世界情勢をもっと詳しく学んで欲しいですな。

・・・つーかこの2年間、何をしていたの?
今回はネズミ君に何を言われても仕方がないんと違う?本当にお飾りだけだったのか…。リリーナ様と比較するのが間違っているんだけどね。

デュランダルと一緒にいた女性は、エンディングでザフト軍の後ろに一緒にいたラクス2こと妹orラクスのクローンですね。…やっぱりクローン技術完成してたんじゃん。

Edit Comments(0) trackBack(0) |

Post a Comment

Private message

Designed by mi104c.
Copyright © 2017 制限時間の残量観察, all rights reserved.
04 | 2017/05 | 06

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。