--

January February March April May June July August September October November December
--(--) --:--

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Edit

02

January February March April May June July August September October November December
2006(Sun) 10:51

交響詩篇エウレカセブン#49「シャウト・トゥ・ザ・トップ!」最終話「星に願いを」

映像関係

最後の最後までやってくれました。
まさか、デューイが「聖人化」に成功していただなんてな!!

ゴンジィがコーラリアンだったなんてな!!


見事な伏線に土下座したくなりました。
確かに、デューイは服を脱ぐ事がありませんでした。弟ホランドは、裸族ですらあるのに、彼は何時もカッチリとした服装をしています。
一体彼は何時からコンパクドライブを身体に埋め込んでいたのでしょうか?
アドロック・サーストンが消えた後にでしょうか?
(ファースト・サマー・オブ・ラブのときは、エウレカが例の首輪をしていなかった事を考えると、それが正解なんでしょうかね)
デューイが小物化したんじゃないかと不安になっていたのですが、最終回を見て、考えを改めました。

「悪人の華」本懐を遂げやがったと思います(断言)

あそこまで自説を突き進め、目的の為(母なる星を侵略者《コーラリアン》から奪い返すなら、母星を崩壊させることすら厭わない)なら自分の命すら、引き金を向ける。
悪役は、こうでなきゃつまらんです。が、私は……

「死にたきゃ一人で死にやがれこの下種野郎!」

と面と向かって言ってやりたいのも本音(笑)

彼が何を思っていたのかは、よく分からないので小説版(あと二冊発売!)で補完しようとおもいます。まったく別物とはいえ、デューイの変わりにアゲハ隊の少年達がコンパクドライブを埋め込まれていた小説版です。何らかの情報は提示されるでしょう。

そして、アゲハ隊の少年。
そうか、ワルシャワの生き残りか。紛い物の青年《デューイ》が見捨てられた少年達《アゲハ隊》を救ったのか。
彼らにとっては、当に救い主だったわけですね。デューイの多面性か……。アゲハ隊の少年達を捨て駒にするんじゃないかとデューイは思っていたんですが、彼は彼なりに、アゲハ隊の少年達を大切にしていたんですね。(民族浄化ってことは、この作品の設定だとアゲハ隊の出生の秘密は一つしか想像できないんですが……ったくエグイな…○| ̄|_ )
ホランドユルゲンス艦長の「ニュースがなければ、知らないまま」という言葉が、突き刺すようでハッとさせられました。実にその通りだ。

ホランドが生きてました。全く危なくなくってちょっと拍子抜けしたくらい。
あの予告の爆撃は、ボードが壊されただけなんですね。そのあと見事な特攻を仕掛けてますし。

最終回に関しては…出来なら、ノエインの方が上だと思う。何がそういわせるかと思うと、やっぱり主人公二人が皆の所に帰ってきていないのが、残念なんです。
何か、レントンまで人外になったっぽいじゃないですか。
アレはなー……。

セピア色の写真が残り、最後の提供バックの絵がアクセル・サーストン含めた家族絵なので、何時か帰ってきてくれると信じています。
(それでも、確実にこれからユウが帰ってきてくれるんだ…と思えたノエインの方が好きだなぁ。同じ名塚佳織声優作品だけど)

コンパクドライブの文字列表示が「EUREKA」から「エウレカ」「レントン」への変更。
うーん……子供達のために変更したか?つか、あそこはローマ字が良いと思う。最後に月に出来た「ハートマークの中のエウレカとレントンの文字」はそれでも良いけど。

そして、やっと主人公の為の一つだけの操縦席のニルヴァーシュ。
最終回にしてスペック・アップさせてくるとはね…。
まー、最終回でやっとチッスしたから良いのですよ。おめでとうレントン・エウレカーーーーー!

あとは…モーリスが最後着ていた服は、レントンのお下がり。
最後に最早デレデレなアネモネとドミニクカップルの背中姿が映る。
(良かったね。アネモネ!でも「エウレカの彼氏より二枚目」って発言は、たとえ正解でも言っちゃいけないよ!/笑)

残念だったのは、後一つ。


何故に最終回にDAYSを流さない!!

あの曲の「あの日交わした約束は砕けて散った。激しく儚い、記憶の欠片」って、アクセルと約束したヴェルフォレストに戻ってきてメカニックになるっていうことですか?
じっちゃーん……!

絶望病患者復活(最初の女の子は、病院でコンパクドライブのぬいぐるみを見つめていた少女ですね)は、そのままデブリを招いて死亡ですか。容赦ないところがこのアニメの魅力っつーか好きな所ですが、ウィルさんまで連れて行くこと無いじゃないのーーーーー!(まぁ、マーサさんの笑顔が見れたから、きっとウィルさんは幸せだったんだと思うけどさ……思うけど…。・゚・(ノД`)・゚・。)

なんだ、やっぱり小説版よんで補完する!
つーか、ホランドの子供の性別はどっち?親ばかなホランド期待していたんだよ!

近年アニメ最終回におけるりょく的ナンバーワン認定

「蒼穹のファフナー」>>>>「ノエイン~もうひとりの君へ~」>「交響詩篇エウレカセブン」
となりました。ファフナーに関しては、RLの出来も良かったんで尚更ですね。
ただ、エウレカセブンが最高のアニメであったことを否定する要素は何もないと思いますが!(ここ重要)
今期最高のアニメであったと思いますよ!

追記:ドギー兄さんの操舵術が凄くて吃驚しました。
最終形態のニルヴァーシュって、先週のジ・エンドに似ていませんか?もともと、一人《王》だけを乗せるつもりの機体だったけど、其処に行くまでには、エウレカ《女王》と共に成長しなくちゃいけなかったのかなぁと。
レントンが最後にモーリスに渡したのは、アクセル爺ちゃんから貰った「明細書」と「お嬢さん《エウレカ》と一緒に戻ってきなさい」と書かれた手紙ですかね。
住民票には、どうやらレントンの実母の名前も書かれていたみたいなので、もう一度(三度目のビデオ視聴)見てきます(笑)…どうやらレントンを生んで直ぐ死んだみたいですね。

交響詩篇エウレカセブン 10
交響詩篇エウレカセブン 10BONES 京田知己 三瓶由布子

バンダイビジュアル 2006-04-26
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
交響詩篇エウレカセブン 9 交響詩篇エウレカセブン 8 交響詩篇エウレカセブン 7 交響詩篇エウレカセブン 5 交響詩篇エウレカセブン6

交響詩篇エウレカセブン COMPLETE BEST(DVD付)交響詩篇エウレカセブン COMPLETE BEST(DVD付)
TVサントラ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↑とうとう押しちゃいましたよ西郷さん……あははははは。
まだ画像が出ていないのですが、たぶんキャラデザの吉田さんのサイトTOPにある画像が、コンプリートベストのジャケットですよ!
最高だ。この二人の笑顔を見るためなら私は買うっきゃ無いじゃないのーーーー!(笑)





>web拍手れす
>sgさん
えー、えーーーーー!エルゴプラクシー見たんですか?いーなぁ……見たいなぁ。wowow見れないから……レンタル待ちます。レンタルで追いかけますよー。
あ、sgさんって「スクライド」ご存知でしたっけ?あの馬鹿アニメ好きな人ってどれ位いるんでしょうかね?(私は君島死去の回でボロ泣きでしたが)

テーマ: 交響詩篇 エウレカセブン
ジャンル: アニメ・コミック

Edit Comments(8) trackBack(10) |

Post a Comment

comments

2006/04/02 13:02 [ 編集]
フジコ MAILURL

こんにちは、りょくさん。
最後までお世話になります!!

これでもかってくらい、どうなるのかわからない怒涛の1時間で
遂に、終わってしまいましたね。

ほんとにりょくさんと同様で
最後の最後までやってくれたって感じです。
デューイにしてもゴンジイにしても驚愕の事実でした。
ホランドにとってはデューイが何故にコーラリアン殲滅&母星崩壊をするのか解らないみたいなこと言ってたのが印象的でした。本当に理解しあえない兄弟達だったんですね。

でも、エウレカの元に飛んでいったレントンはカッコいいし
遂にKiss!!これまで長かったよぉ。・゚・(ノД`)・゚・。

んー、で、実はクダンの限界とかコーラリアンと融合とか諸々あまり理解できてなかったから、個人的には皆が幸せになれば良しだったんですけど…

レントンとじっちゃんの再会ができてないよぉ
ホランド&タルホのべビィが見れなかったよぉ
ってな、かんじかな。

たくさんの家族&カプを見て終わりたかったというのが本音かな^^;

でも、エウレカセブンは丸々1年私を釘付けにさせてくれた最高のアニメでした!!
こんなに日曜が楽しみだった1年はどのくらいぶりなんでしょう!
ボーイミ-ツガールはめっちゃ最高でした!
次は書籍に手を出して行きます♪(補完計画!?)
日曜に私を朝7時に起きさせた事は凄いゾ!!エウレカセブン!!

2006/04/02 17:46 [ 編集]
りょく@管理人 MAILURL

>フジコさん
おお、こんにちわ。最終回凄かったですね!

ファフナーみたいに49話ED無しでぶっ通しでやってもらいたかった気もするんですが、あれはその後の展開の為の一休みだったんですね。

デューイが抱え込んだ「まがいもの」への感情は、最早恐怖の様に思えて、あのラストを迎えた時は驚きと苦しさも感じました。弟には理解されなかったけど(私も分かりませんが)、彼は自分が「ノヴァク家の正嫡」だと思いこんで父親を殺した時から、全て狂ってしまったんでしょうかね。

レントンが新しい服(パイロットスーツ?)を着こんで、エウレカを助けに行くシーンは、「罪を背負い込む」という台詞と共にゾクゾクときました。(まぁ、新しいニルヴァーシュのコックピッドがまんまGガンダムだったのには驚きですが/笑)

ハッピーエンドは最後の提供バックで保障されています。つか、レントンが父でエウレカが母なのはあの最後の住民票で分かりますが……やっぱり幸せな皆が見たかったですね。

フジコさんも、一年間朝早くに起きてみていたんですね。私も見た後はまた寝る…ということをしていた口ですが、その甲斐がある作品だったと思います。凄い作品だったなぁ…。

フジコさん、途中からとはいえ、毎回感想有難うございました!

2006/04/02 19:59 [ 編集]
西郷 MAILURL

ごきげんよう!りょくさん(素晴らしき№2殿)

くもりガラスの向こうは…雷雨(by関西)でした(狙っている挨拶)

いや~エウレカセブンよかったですね~!深夜に泣くのとは違う味わいがありました。(日曜の朝の迎え方が変わりましたよ)
日曜日は道場の子供達に剣道を教える為 いつもギリギリまで寝ていたりしたんですが…エウレカを観てから出るのが日課になっていました(笑)子供達とエウレカの話をするのも楽しかったり…
でも 途中から子供達は話に付いてゆけなかったみたいです(面白いけど…よう分からん!って言ってました(笑))
考えてみると…最近の作品は裏に隠れたメッセージをどう受け取るか?という作品が多かったような気もします
僕もいろんな人の感想をブログなどで読んだり・討論したりして理解出来た事が沢山あったので このようなやりとりが無ければ「?」のままだったかも知れません…(初期の頃の「蒼穹のファフナー」もそうでした(笑)…あっ これは内緒です)…実は「ノエイン」の最終回に感動しました(アトリ…)この作品もいろんなメッセージが有りましたね(関西は放送時間が遅れていたので つい先日)いい作品です!

エウレカの最終話…いろんな感想があるのですが…主人公の二人(レントンとエウレカ)と家族もよかったのですが 今回 僕は大人達がかっこよかったなと素直に思いました。「責任」の捉え方・自分達の役割をきっちりこなしてくれたな…と思いました。
ユルゲンスとホランドの会話 ストナーやケンゴウのセリフ
…なんか ぐっときてしまいましたよ(笑)   
特に…
「…きっと俺を通して、お前に送られたんだよ・・・アドロック・サーストンから、レントン・サーストンにな…」byホランド

一年間 観てきた人は「おお!」と叫んだハズ(僕は泣いていました…最近 涙腺弱っ!)
レストランのシーンは第一話にもあったシーンでしたね
(じっちゃんには泣かされてばかりでした)
いや よかった!そして最高の兄弟喧嘩でしたね(笑・違っ)最近 いろんな作品が最終回を迎えて寂しくなりますが…新しい作品にも期待しましょう
りょくさんエウレカ感想お疲れ様でした!

ラスト…やっぱり 皆のその後を見せて欲しかったですね(小説に書かれたりするのかな?)

…ふふふ ついに押してしまいましたね…(予想通り!ニヤリ)
さすが!それでこそ りょくさんですよ!(フォローになっていない…)「素直」が一番!その気持ちが大事です(笑)そんな りょくさんが大好きです!

・・・それでは・・・また!

追伸
…「スクライド」…僕は大好きですよ(笑)DVDに録画しましたし
すごく分かり易い「対比」!カズマのようにキレているキラ・ヤマトを見たかった(笑)カラオケでOP・EDを歌ったのは内緒にしておいて下さい(爆)
クーガーの早口も面白かったな~
僕はシェリスが亡くなる回で泣いてしまいました(単純です…自分)

2006/04/03 21:46 [ 編集]
りょく@管理人 MAILURL

>西郷さん@正座同盟No.5!
ふふふ、終わっちゃいましたよエウレカセブンーーー。・゚・(ノД`)・゚・。
(あ、マリア様読んでいないんですが、裕巳には妹はできたんですかーーー!?)

現在ある伝手を利用して、ラジオ「ray=out」最終回を聞きながらのレスです(笑)
繰返し見れば見るほど泣けてきます。そして、見返すたびに、デューイの危うさに惹かれてしまう「デューイ教信者」だったのですが、彼の地球という星に対する考えが、小説版でもっと明らかになると良いなぁと思うのですがね。

>子供達とエウレカの話をするのも
ちびっ子たちは、かいけつゾロリを見ていたんじゃないかと思っていたので、西郷さんの教え子さんたちは如何いう感想を持つんでしょうかね(最終回)。
対象年齢の子供達には難しい部分が多かったかも知れませんけど、ボーイ・ミーツ・ガールな部分を受け取ってもらえれば良いのではないかと。

この作品では、燕。さんのブログが凄かったですね。
あそこで語られる皆さんの感想を読むのが凄く楽しくて、私も感想書くのが楽しかったですし。(ノエインは良かったですよねー。つか、アトリんがカッコよくって…狂気と正気が入り混じった最終回あたりの彼が、本当にカッコよかった。彼も「責任を背負える大人」だったなぁと思うのですよ)

エウレカセブンでは、「大人」が「自分達の責任」の取り方をきちんと取ってくれて、素晴らしかったですね。凄くそれってカッコイイですよね。
いやー、ユルゲンス艦長とか後半でどんどん渋い大人の魅力を出してきて如何しようかと(笑)
何より、「強請るな、勝ち取れ、さすれば与えられん」という言葉が、この作品の本質だと。家族を守るにも、好きな女の子守るにも、勝ち取れとね。

じっちゃんの所に早く帰ってあげて欲しいですよー。つか、一話まだ見直せていない○| ̄|_ …ビッグバークを食すシーンを見たいのに…あぅ。

あ、「スクライド」最高ですよね。OPなら、私も歌いますよ(笑)カッコイイし、カズマの馬鹿一直線さが出ていて最高じゃないですか!
あと、クーガー兄さんは素敵ですよね!(あの早口最高ーーーー!!)

あ、ラジオも最終回だ……全部終わっちゃったよ。・゚・(ノД`)・゚・。

2006/04/05 22:08 [ 編集]
ねねむ唐象 MAILURL

ようやくアップできました。特集記事満載でよろしく。一年間お疲れさまでした。
>見事な伏線に土下座したくなりました。
 予想なんかしないで、黙って制作陣を信じてみるべきだと今になって思っています。 種D の人たちじゃないのだから…。なに、比較するなと!
>今期最高のアニメであったと思いますよ!
 この言葉に反論する脳を私は持っていません。 今世紀、このクラスのアニメがでてくるかなぁ。 少なくともガンダムでは何本作ろうが不可能。 ガンダムが一番と私はもう言いません。種Dの呪いはエウレカで消えましたので。

2006/04/06 15:27 [ 編集]
縷紅 MAILURL

りょくさん、こんにちは!
ようやっと、50話の感想(ほとんどメモ)もアップしました。
トラックバック返しもありがとうございました。

「最高のアニメ」というりょくさんの言葉には全く同感なんですが、でも、色々と自分の中では消化不良な部分も多くて・・・戸惑っているというのが正直なところです。
これはやはり、別の(小説とか)ところで補完するしかないんでしょうかねえ。。。

いずれにしても、素晴らしいアニメでした。
りょくさんがブログで感想を書いてらっしゃらなかったら、きっと触れることも無かったと思いますので、りょくさんには大・大・大感謝です。ありがとうございました!

じっちゃん達と、レントン、エウレカと6人揃ってのビッグバーグ、そしてタルホ&ホランドのベビー、いつかどこかで見られる機会があるといいですね。

P.S.
ウチからトラバが通らなかったのって、私の方のエントリにこちらのトラックバックアドレスが含まれてなかったからみたいです。最初、間違ってブログのトップにリンクしてたので、それで弾かれてしまったらしい(汗
たぶん、これからは大丈夫だと思います~。お騒がせしました。

2006/04/06 21:26 [ 編集]
りょく@管理人 MAILURL

>ねねむ唐象さん
特別記事上げお疲れ様です。全て拝見させていただきました。
ねねむ唐象さんも「蒼穹のファフナー」視聴されていたんですねー。アレは、私が死にそうになって働いていた時に見ていたので、「あなたはそこにいますか?」というフェストゥムの質問は、「あなたはまだ生きていますか?」にリアルに聞こえた気がしましたよ(笑)
種とは同じプロデューサーが混ざっている為に、ハラハラしながら見なくてはならないのが、残念でした。
「制作陣を信じてみるべき」…得に、後半は捨てる話が無かったです。サッカーの話すら、その後の「二対10000」を恰好に表現していたわけですし、「また生き残る」という目標を植えつけたカンジもします。

ガンダムがno.1ってことは無いと思います。少なくとも、このエウレカセブンが初めてみたロボットアニメだという適正年齢の子供達には、最高のハッピーエンドで終わったエウレカに出会えたことが最高だと思いますよ!

2006/04/06 21:38 [ 編集]
りょく@管理人 MAILURL

>縷紅さん
こんばんわー。おお、別口で50話目の感想もあげられたんですね。お疲れ様です。私は面倒くさいんで一気に片付けちゃいましたが(笑)

大きい設定で、さらに細かい部分が分からない所は私も多々あります。ただ、このお話は設定云々よりも、「ボーイ・ミーツ・ガール」に重点を置いてみることが重要なんだと思います。
(同じ時期に終わったノエインというアニメも、「量子力学」を主点に置きながら、少年少女の恋愛模様の本質を上手く表していましたので)まー、補完が欲しいのは、私も同じなんですよーーー><(笑)

二次創作を主としたサイトの日記としては、アニメと小説と漫画の感想しか書かないブログですが、得てして私はここに書かれているような性格です。この年齢になっても面白いアニメを漁っている私です。縷紅さんがこの記事を読んでくれて、エウレカを見始めていただけたのは、本当に嬉しいですーv

ホランドとタルホさんのちびちゃんが見たかったですね。本当に見たかったですよーー。DVDでおまけ付くのかなl…せめてコンプリートベストのおまけDVD映像に入れてくれないかしら…!

Page up▲

Post a Comment

Private message

Trackback

trackback URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

エウレカセブン EPISODE NO.50 最終話 星に願いを
かけがえのない家族、恋人、仲間 それぞれの守るもののために その運命は二人に託された そして二人が出した答えは 二人を待ち受ける運命は 1年にわたる物語がついに完結
SOBUCCOLI【2006/04/02 11:41】

終わった
交響詩篇エウレカセブン49話「シャウト・トゥ・ザ・トップ!」50話「星に願いを」ううううう。何と言えばいいかわからないけど。良い。良いい。良いいい。うわわわ。とりあえず電グルが来るとは。今思えば可能性は無いわけじゃないのに全然予想外。名曲だ。デューイの件
Kimiteru's Blog【2006/04/02 14:20】

交響詩篇エウレカセブン第50話「星に願いを」
終わりは始まりなんだいや、ホントに…エウレカを見始めたのは実はGYAOとレンタルからなんですね。で、実際に朝7時ので見始めたのが第2クールの終わりくらいから。ビー
CHEZ MOKANA【2006/04/02 18:20】

エウレカセブン 49+50話感想
 レントンの「こんな結末は嫌だよ!!」……一年間見続けてきた身としては、この言葉に尽きます。 そうだよ! その通りだよ!!\(`д´)/49話「シャウト・トゥ・ザ・トップ!」・50話「星に願いを」 今回、あらすじは省きます。両方、書くと、とんでもなく...
キラキラと輝くモノ【2006/04/02 20:34】

交響詩篇エウレカセブン 第49話「シャウト・トゥ・ザ・トップ」&第50話「星に願いを」 感想
いよいよ最終回1時間スペシャル!今は見た直後で作品が良いか悪いかの判断を冷静にすることはできませんが、好きか嫌いかで言えばはっきりと好きと言えます。1年間私を楽しませて
ちいさな創造【2006/04/03 01:27】

[アニメ]交響詩篇エウレカセブン - 最終回
asin:B000EOTFTY:image とうとう終わってしまいました。1年間、じっくりと楽しませてもらった。こんなに確りとアニメを見たのは何年ぶりだろうか。さて、何から書いたものか。思いつくまま散漫に書いてみます。 最終回について。作画も盛り上がりも最高潮だったのだが、
コトバノツドイ【2006/04/03 10:38】

交響詩篇エウレカセブン 第50話(終)
サブタイトル「星に願いを」  新たなレントンの決意と共に生まれ変わるニルヴァーシュ。  レントンはエウレカとこの星を救うことができるのか?  交響詩篇エウレカセブン(1) BLUE MONDAY  以下詳細  ***********
オヤジもハマる☆現代アニメ【2006/04/04 12:32】

エウレカセブン49話
感想、というか視聴メモのような、頭の整理メモのようなものです。 見てない人には分からない話ですし、多分に偏見、憶測、妄想が含まれていますので、見ていた人が読んでも意味不明(または不快)かもしれません。 それでも良い方のみ、以下をご覧くださいね。 もう一回5
雑感録【2006/04/04 21:20】

交響詩篇エウレカセブン #50「星に願いを」
エウレカの中に芽生え、ここまで大きく育まれた他者への愛情という感情を、大切に大切に描く方向でこの物語は収束する。愛を知り愛を育てたエウレカが、愛に生きるまでの30分間でした。静かに、じわじわと、だけど気付いてみれば大きく感情を揺さぶられていた。
TURN TO SCARLET【2006/04/06 23:21】

交響詩篇 エウレカセブン 第49話「シャウト・トゥ・ザ・トップ!」・第50話「星に願いを」感想
この物語はきっとレントンとエウレカの出会い、そして最初の旅立ちを描いた第1話~第3話に戻ってくる、僕はそう思って、否、そう信じてこの1年間を、そしてこの最終話を待っていました。これまで1年間、丁寧に丁寧に積み重ねて紡がれてきた物語は、やっぱりその物語の最
蒼穹のぺうげおっと【2006/04/07 17:46】

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2017 制限時間の残量観察, all rights reserved.
10 | 2017/11 | 12

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。