13

January February March April May June July August September October November December
2006(Thu) 20:30

シャープ#7「狼の報復」

炎の英雄シャープ

パーキンスぅーーー!。・゚・(ノД`)・゚・。

ごめん、もうシャープの女癖がどうこうとか言わないよ!
(あ、でも次回の感想書いたら変わるかも。まだ見てないけど、原作でもシャープの女性遍歴ってすごいんだよねぇ…汗)
私は、終盤、ハリスもハーパーもハグマンも危ないんじゃないかとずっとハラハラしていたんだから!
つか、パーキンスに春がきたかとおもったら……○| ̄|_

久々の戦闘メインのお話で、凄く面白かったのは確か。
やっぱり、どうやってフランス軍を叩くかって話は面白い。
面白いけど……あー、一番若いパーキンス君が……。
最期の台詞が「歌を…歌を歌ってくれ…」(ハグマンに言ったんだと思う)
そこで、涙を堪えながら、ハグマンが「ジョージ王の命により~♪」とテーマソングを歌うわけですよ。
ああああ、可愛い弄られキャラがぁぁぁぁぁ!

今回、シャープは紳士です。
女性とイチャつく場面が御座いません。
夫の不倫に悩む女性に対し、丁寧に落ち着かせています。

今回のキーワードはイングランドVSアイルランド
未だにキナ臭いことな彼らの対立がキィです。
つか、ウエルズリー将軍は、イギリス側の三分の一を占めるアイルランド兵の暴動を恐れているようですなー。

いつも参考にしていたサイトさんが何処かへ飛んでいってしまいました。残念!
参考にこちらのサイトさんのシャープのページをどうぞー。


そうそう、本屋で素敵(?)なアンソロを見つけました(笑)
ネウロマンサーネウロマンサー
茉莉


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

つか、画像なしかよアマゾヌ!
え、ネウロのアンソロジー本です。内容に多分ヤオイな部分があるのは分かっているんですが、本屋で本気で買おうかどうか迷いました。
つか、こういうアンソロ本の購入を一瞬でも考えたのは、ネウロが初めてです(笑)
つか、すごいな…この考え方も。私、随分とネウロに入れ込んでいるんですねー(あはー☆)
楽天で探したらありました(すげ)

>ハガレン
中尉の背中が焼け焦げていなくて安心しました!
久々のヒューズ中佐ーー!
紅蓮の錬金術師、軍人としては正しい気がしますよ。ええ、軍人としてはね。人としてはどうか知れんけどな。
(ロックベル夫妻に対する礼の尽くし方は、他方を突き抜けた人物ならではですね。まー、だからと言って賢者の石を呑むのは……うん……)




Edit Comments(0) trackBack(0) |