Selected category

All entries of this category were displayed below.

--

January February March April May June July August September October November December
--(--) --:--

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Edit

Page up▲

17

January February March April May June July August September October November December
2006(Mon) 19:51

シャープ #9「消えた大隊」

炎の英雄シャープ

エマーソンしぶといっ!

国王陛下の国旗を失った男エマーソン
シャープ率いる連隊を窮地に陥れるために、フランス側に情報を売ったエマーソン
そして、今回は新兵を奴隷売買の様に、各隊に売り渡すエマーソン

いつまで居残るんだ、この下種野郎はーーー!

今回は、戦争で兵隊さんが前線からいなくなり過ぎたので(つまり、死者が一杯)新兵を連れて帰って来い!というお話。
久々のシャープ少佐(とうとう少佐にまで出世しましたねぇ…遠い目)の正装が見れます。
あと、ハーパーが軍曹から曹長に格上げです。おめでとう御座います!ドンドンパフパフー

まぁ、色々とごたごたがありまして、新兵獲得が今回も大変な模様。
第二連隊があるはずなのに、その存在は何処にも見当たりません。エマーソンが関与する兵隊売買が行われていた模様。
兵隊を獲得する為に、シャープとハーパーが新兵に成りすまします。

えー、なんつーふてぶてしい新兵なんでしょうか(笑)

目をつけられる彼らですが、協力者もあり、売買の証拠を突きつけ交渉の末新兵を獲得するんですが…
久々に、シャープの癖が勃発。
女癖再発ー。今回は貴族の娘(つか、エマーソンの姪)と一気に結婚だってさーさースゲー(笑)

久々に出てきたローフォードが……えぇぇぇぇ(;´Д`)
幾らシャープを安全にする為とはいえ……そんな!○| ̄|_
原作とは違うみたいなんで、見なかったことにします。

今回、皇太子が出てくるんですが、この馬鹿殿が最高(爆笑)
つか、本当に志村ケンのバカ殿なんですよ。白塗りの顔!スゲー馬鹿そう。つかバカ?
まぁそのお蔭で何とかなるんですが…(いや、シャープが少佐になれたのは皇太子のお蔭ですし…)

今回の見所。
・シャープとハーパーの見えない新兵ぶり
・白塗りのバカ殿皇太子
・いつの間にか陸軍で英雄扱いされていたシャープ君について
・「シャープ!」コール
・最終的には、サウス・エセックス連隊=シャープ連隊

すげーなぁ、今回もシャープ愛されてますな。
(今回は、ハグマンとハリスはお休みですー。)

Edit Comments(0) trackBack(0) |

Page up▲

14

January February March April May June July August September October November December
2006(Fri) 20:15

シャープ#8「シャープの剣」

炎の英雄シャープ

シャープの女性遍歴から考えると、7話と今回のような8話の話を見ると、不思議に思います(ぉぃ)

今回は、シャープ、連隊の皆に愛されている!
ってカンジなお話でした。
つか、「シャープ少佐の為ならっ!」ってカンジなヤツラばかりですか?(笑)

今回のシャープの任務は、ウェリントン将軍子飼いのスパイをフランス軍から守ること。
つか、この話聞いている時のシャープが可愛い。思わず上官愛用のバグパイプの上に座っちゃって「ブーブークッション」宜しくの、見事なリアクションをしてくれます(笑)

さて、没王(なんつー嫌な変換してくれるんだ…○| ̄|_ )冒頭でフランス軍スパイのルルー大佐を捕虜として捕まえます。が、お馬鹿なイギリス将校は、それに気付きません。
つーか、その証拠を解読できる暗号の本を、本の虫・学識のあるハリス君が解体して(本を解体すんなよ馬鹿ー!!)、しかも必要ない部分は焚書しやがります。(だから、本を燃やすなっつーの!)
証拠不十分で、スパイ嫌疑を立件できず。結局こいつがスパイで、若い18歳の有望な若者が彼に殺されるわけですが。(あー可愛い男の子だったのに…)

シャープたち連隊が向かった町にいたのは……あの、「国王陛下の加護を与えられた国旗を失った男」こと、シマーソン登場。つか、こいつ端っから怪しそうなんですが。
(ここで、シャープを守ろうとするハーパーが萌え。つか、本当に女房役だよな、ハーパー/笑)

まぁ、案の定シマーソンがシャープたちイギリス軍を売ったせいで、夜襲が失敗。シャープは死線をさまようことに。
この時、シャープの看病を名乗り出たハーパーを押しのけて彼の看護をするのが、冒頭シャープで助けられた声の出ない尼僧。まぁ、例の如くいい雰囲気になるんですが、雰囲気止まりです。シャープさん、一体如何したって言うんでしょうか(笑)

夜襲で剣を失ったシャープのために、ハーパーは町の神父様(剣技が実は物凄い。コレクションの剣もスゴイのばっか)から強引に業物の剣を貰い、万感の思いを込めて(シャープ様のためにとか思っているに違いない/笑)鍛えなおします。
ハリスはその間、ずっと図書館で暗号を解読できる本(同じ版)を探しだして、暗号を解読中。つか、シャープが死線さまよっていることって、知らなかった?(笑)

傷を縫い合わせ、弾丸摘出しても熱が下がらないシャープに、彼らは決断する。

西洋民間療法!!

けが人に水をぶっ掛けまくり、それで熱を冷ます!
(てっきり瀉血でもすんのかと思いました。いや、それやったら唯でさえ足りない血液が更に減って、出血多量で死ぬか)
すげーなぁ、水風呂にぶち込み、さらに水攻め。
普通死ぬ。絶対死ぬ。つか、せめて顔を避けて水をかけてやれよと、画面前でシャープ役のショーン・ビーンの哀れな姿を見つめました。

その回があったからか、翌日シャープは復帰し、その足で戦闘開始…ってあんたどうしてそんな身体で駆け巡れるんだーーーー!
今回も、シャープ超人伝説を垣間見た気がしました(笑)

>皆に愛されるシャープ
・必死になって鍛え上げた剣を「拾ったんです」と言い切るハーパー。しかもその心意気を受け取って、にこりと笑って受け取るシャープ。愛よ、愛!
・本の虫ハリス、本を解体した汚名を返上すべく暗号解読成功。喜び勇んでシャープに報せるも……そこに記された名前は残念な名前が!シャープの様な叩上げ将校にも分け隔てなく接してくれたあの男の名前が!!
回復直後にダメージ与えるハリス。それでも君もシャープを愛する部下なんです!(ニコニコ笑顔がすげーよ)
・特に任務は無いけれど、怪我に効くからって効能の良い塗り薬を渡すハグマン。おっさんだけど、シャープを愛することじゃ、若いのには負けないぜ!

ってカンジが特にした、今回の七話でした(笑)

いやー、久々にシャープ愛(ラブ)ってカンジな部下達を見ましたね。
私もこの感想で久々に長文書いたけどさ。

ラスト、ドサクサにまぎれてハーパーとモレナの結婚式。
えー、いい性格してますね、カーティス神父!
(頭に怪我をしたハーパーから、自分は死ぬんじゃなかったのかと、ドサクサで結婚式を挙げさせてしまった後に、彼は一言言った。「人は何れ死ぬものだろう?」……剣の腕前といい、素晴らしいですよ、この神父ーーー!)

テーマ: 海外ドラマ
ジャンル: 映画

Edit Comments(0) trackBack(0) |

Page up▲

13

January February March April May June July August September October November December
2006(Thu) 20:30

シャープ#7「狼の報復」

炎の英雄シャープ

パーキンスぅーーー!。・゚・(ノД`)・゚・。

ごめん、もうシャープの女癖がどうこうとか言わないよ!
(あ、でも次回の感想書いたら変わるかも。まだ見てないけど、原作でもシャープの女性遍歴ってすごいんだよねぇ…汗)
私は、終盤、ハリスもハーパーもハグマンも危ないんじゃないかとずっとハラハラしていたんだから!
つか、パーキンスに春がきたかとおもったら……○| ̄|_

久々の戦闘メインのお話で、凄く面白かったのは確か。
やっぱり、どうやってフランス軍を叩くかって話は面白い。
面白いけど……あー、一番若いパーキンス君が……。
最期の台詞が「歌を…歌を歌ってくれ…」(ハグマンに言ったんだと思う)
そこで、涙を堪えながら、ハグマンが「ジョージ王の命により~♪」とテーマソングを歌うわけですよ。
ああああ、可愛い弄られキャラがぁぁぁぁぁ!

今回、シャープは紳士です。
女性とイチャつく場面が御座いません。
夫の不倫に悩む女性に対し、丁寧に落ち着かせています。

今回のキーワードはイングランドVSアイルランド
未だにキナ臭いことな彼らの対立がキィです。
つか、ウエルズリー将軍は、イギリス側の三分の一を占めるアイルランド兵の暴動を恐れているようですなー。

いつも参考にしていたサイトさんが何処かへ飛んでいってしまいました。残念!
参考にこちらのサイトさんのシャープのページをどうぞー。


そうそう、本屋で素敵(?)なアンソロを見つけました(笑)
ネウロマンサーネウロマンサー
茉莉


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

つか、画像なしかよアマゾヌ!
え、ネウロのアンソロジー本です。内容に多分ヤオイな部分があるのは分かっているんですが、本屋で本気で買おうかどうか迷いました。
つか、こういうアンソロ本の購入を一瞬でも考えたのは、ネウロが初めてです(笑)
つか、すごいな…この考え方も。私、随分とネウロに入れ込んでいるんですねー(あはー☆)
楽天で探したらありました(すげ)

>ハガレン
中尉の背中が焼け焦げていなくて安心しました!
久々のヒューズ中佐ーー!
紅蓮の錬金術師、軍人としては正しい気がしますよ。ええ、軍人としてはね。人としてはどうか知れんけどな。
(ロックベル夫妻に対する礼の尽くし方は、他方を突き抜けた人物ならではですね。まー、だからと言って賢者の石を呑むのは……うん……)




Edit Comments(0) trackBack(0) |

Page up▲

19

January February March April May June July August September October November December
2006(Fri) 21:32

シャープ#5「失われた名誉」

炎の英雄シャープ

シャープの名誉っつーか視聴者(私)も呆気に取られる短気っぷりに如何しろ……段々情けなってきたりょくです。

いやー、シャープって本当に短気よね。
謂れのない、根拠の無い「不名誉」なら無視すればいいのに、「決闘」をやりかけ、結局それが原因で同盟国侯爵の殺害の嫌疑を掛けられる……。
馬鹿だ。アホだよこの子。本当にどうして、こう、毎回そんなもん抱え込むんだか。
興味みた五話で、このお話は「シャープと彼を支える選ばれた者たちの物語」な気がしてきました。
つか、ハーパーなんて、シャープ専用のお守よね。多分間違いないよ(笑)

今回はフランス軍将校のドゥーカスの陰謀で仮処刑されてしまったシャープ。その諸悪の根源である侯爵の妻(フランス軍のスパイ)を、修道院から奪還するお話です。

前回で妻テレサをなくしたシャープはやる気もなにも無いんですが、ハーパーの妻が言った言葉が暗示していました。
「少佐には戦いが必要だ」
「いいえ…彼には女が必要よ」

本当に、女が必要だったって分けですね、シャープーーーー(怒)
ナンだったのよ!前回のテレサに対するあの涙はナンだったんだーー!
本当にシャープは毎回毎回毎回毎回毎回(エンドレス)女性が絡んできますね。

ドゥーカスの最期があっけなかった。
皇帝への伝令ってあんなぞんざいにに扱っていいのかってくらい、哀れな最期でした。

体調不良(月一シャア到来)でまともな感想と創作出来ず、index連載終了した作品のUPも出来ないっス。
パソコンの画面が見れないんですよー。一時間でギブだ○| ̄|_
shape


テーマ: 海外ドラマ
ジャンル: 映画

Edit Comments(0) trackBack(0) |

Page up▲

11

January February March April May June July August September October November December
2006(Thu) 21:12

シャープ#4「死闘の果て」

炎の英雄シャープ

「テレサは何故死んだのか?!」
「シャープが不誠実だからさ」


くそう……テレサ好きだったのに……素敵なお姉様が!騎乗して銃ぶっ放して剣の腕前は「針を通すほど」だったのに…3巻では何とか助かったのによーーーーー。・゚・(ノД`)・゚・。
シャープがいけないのよ!助けた将校の夫人がもと知人の娼婦だったからって……馬鹿ーーーー!

え、ハークウィルは気に食わなくないのかって?
あれは、眼中にすらない。諸悪の根源ではあるが、ハゲで不細工で裏切り者な時点で怒ることすら勿体無いのですよ。

今回のお話は、脱走兵(イギリス・フランス・ポルトガルなど)達が、貴婦人(フランス側とイギリス側)を誘拐してそれを奪還する…つーお話です。
それぞれの思惑と、さらにシャープの昇進(3巻で一度中尉に落とされ、また大尉に戻ったかれは、今度少佐ですね)もかかってます。
(いや、つかイーグルを奪うことってそんなに凄いのですね。皇太子からお手紙きちゃったよ!)

3巻見逃してよく分かりませんが、ハーパーにも素敵な女性が出来た模様。もうすぐパパなんだそうです。
シャープはあの時代の兵卒(あがり)には珍しく、読み書きが出来る上、フランス語も読めて話せるらしい。(テレサから学んだんだと)
ボールテール(仏語)の本を読んで見せた。
(神は連隊の見方をするのではなく、狙撃手の見方をする)

で、今回の見所は、パーキンスの女装(笑)
とシャープの「俺のハーパー」発言か(ぉぃ)

パーキンスの女装は、確かにあの野郎どもの中では一番可愛く、見れる女性に化けられるけど、可愛そうでした。お肌がキレイだよね!
シャープの「おいおい」な台詞は、ハーパーを信頼するいみがあるんでしょうが、日本語吹き替えのその台詞に、呑んでいたコーヒーを吹きだして、液晶画面が散々な結果に……○| ̄|_
誤訳……だよね?ね?

様々な結果、脱走兵たちは、シャープ「少佐」率いる狙撃隊によって殲滅。ついでに「ロケット隊」も参加してフランス軍と一閃を交えてシャープが一勝。
やー、万々歳?ってところで、テレサが大佐夫人を連れて逃げ出したハークウィルの銃弾に倒れて……。

テレサが夜なべしながら縫っていた人形は「ライフル兵」の人形らしい。中々あえない父親の存在を、人形をつかって娘に教えていたのによーー。クソー……。

さて次回はどうなるか!
ビデオ返しにいったら、ものの見事に8巻まで借りられてましたよー。
チキショーーーー。・゚・(ノД`)・゚・。
shape


テーマ: 海外ドラマ
ジャンル: 映画

Edit Comments(0) trackBack(0) |

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2017 制限時間の残量観察, all rights reserved.
10 | 2017/03 | 11

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。